LIFEライフ 進路

サッカー業界関係者インタビュー
株式会社テレビ朝日
スポーツ局 スポーツセンター 櫻井健介さん

無断転載禁止 サッカー業界関係者インタビュー<br>株式会社テレビ朝日<br>スポーツ局 スポーツセンター 櫻井健介さん

初心を貫いたテレビの仕事人

―サッカー歴は?

茨城で育ち、埼玉へ

「幼稚園生の頃に『キャプテン翼』にハマってサッカーを始め、小学3年生の時に地元の少年団に入りました。地元の中学(日立市立大久保中学校)は僕が入学する前に全国中学校サッカー大会で準優勝した強豪だったんですが、僕自身は小学校でも中学でも全国の舞台に立つことはできず、『一度外に出て、自分の実力を試してみたい』という気持ちから親に相談して了承をもらい、埼玉の武南高校に進学しました。実家から通える距離ではなかったので、同じタイミングで大学へと進学した姉と一緒に親元を離れて、埼玉で生活していました」
―高校時代、進路についてどのように考えていた?

プロを諦める一方スポーツを武器に

「高校時代はプロになることを目標にプレーしていましたが、結局全国大会に出場できませんでした。そこでプロの夢は諦め、進学に切り替えました。就職を考えた時、ずっと取り組んできたスポーツを武器にしたいと思い、順天堂大学のスポーツ健康科学部スポーツマネジメント学科に進学しました」
―大学で熱中したことは?

就職のために行動

「大学生らしい生活からはかけ離れていて、入学した瞬間から就職のことを考えていました(笑)。教授に紹介していただいてテレビ局のスポーツ中継のアルバイトをしたり、大学サッカー連盟(学連)に入ってインカレなど様々な大会の運営に携わったりしていました。当時、学連の事務所は新宿にあって、授業が終わると電車で事務所に通い、資料を作るなどの作業を徹夜でして、明け方にキャンパスのある千葉に戻って授業に出て、終わったらまた新宿来て、みたいな生活を続けていました」
―学連の活動で最もやりがいがあったのは?

お金も人も動かせた

「リーグ戦やインカレ、デンソーカップなど、実際にお金も人も動かせる仕事ができていたので、日々充実していたし楽しかったですね。テレビ局や広告代理店など各企業の方々との交流など、出会いも多かったですし、それが今の自分の血となり骨となり肉となっている気がします。日々、刺激もあり、自分自身が成長できている実感もありました」
―現職に就くまでの経緯は?

アナウンサーとして入社

「昔からテレビっ子で、テレビが大好きだったので、高校時代からテレビの世界で仕事ができたらという気持ちが漠然とありました。元々、人前でしゃべることが好きで、スポーツ中継を見る時には実況や解説が気になる性分だったので、アナウンサー職を具体的にイメージしていました。選手では全国大会や世界大会へ出場の夢はかないませんでしたが、立場を変え、実況というポジションでなら夢がかなえられるかもしれないと思いアナウンサーを志望しました。実際に高円宮杯、インカレ決勝の実況やW杯、アジアカップなどの世界大会を現地取材し、夢をかなえることができました。そして30歳を迎える時に希望を出し、いつかは経験したいと考えていたスポ ーツ制作部署に異動しました」
―今の業務内容は?

『やべっちFC』を制作

「『やべっちFC』と『ワールドプロレスリング』、サッカー中継やサッカー特番のプロデューサーをしています。予算管理から出演者のブッキング、社内外の調整など、番組に何かあったら責任を取る立場で仕事をしています」
―今後、サッカー界にどのように貢献したい?

サッカーを文化に!

「生活の傍らにサッカーがあり、サッカーを中心とした喜怒哀楽があり、サッカーを通して皆が感動できる社会を作る一端を担いたいですね。なでしこジャパンの宮間あや選手ではないですが、スポーツを文化にするため、テレビマンとしてできることにチャレンジしたいと思っています」
―今の高校生たちは何に意識すればいい?

大人とコミュニケーションを!

「高校生の身の丈で物事に一生懸命取り組み、楽しむのもいいですが、私の経験上、その先にある人生を見据えることが大切だと思います。そのため学生時代に大人と関わること、コミュニケーションを取ることを心掛けてほしいですね。個々が持つ可能性は、今、取り組んでいるスポーツだけではないですし、行き詰まったり、道が閉ざされたりしても、進路は変更すればいい。大人とかかわっていれば、そのような柔軟な考え方を得て、刺激を受けられます」

1週間のスケジュール(『やべっちFC』放送に向けての準備)

1週間のスケジュール
「自分だからこそ、この言葉や表情を引き出すことができた、自分だからこそ、この映像を撮影できたなど、『自分だからこそ』の取材、編集、放送ができた時は大きな喜びを感じます。取材や放送について、世間の反響が大きかった時もうれしいですね」

喜びの1ページ

なでしこを応援し続けて良かった!

「アナウンサー時の2003年からなでしこジャパン取材を続けていて、スポーツ制作部署に異動したのは澤穂希選手の活躍を広めたいと思ったからなんです。実際、彼女を取り上げた番組や企画を作りましたし、 2011年の女子W杯優勝で起きたなでしこ熱を少し後押しできたかなと思います。2014年に中継担当した女子アジアカップでは、なでしこの魅力をより伝えられるようなPR展開を仕掛けました。選手たちは見事に優勝し、決勝の中継は高視聴率を記録。もう一度なでしこの熱を盛り返せたことは大きな成果でした」
櫻井健介
櫻井健介さん KENSUKE SAKURAI 株式会社テレビ朝日 スポーツ局 スポーツセンター
1977年6月3日生まれ。武南高校、順天堂大学を経て、2000年4月にアナウンサーとしてテレビ朝日に入社。各スポーツ中継で実況を務め、2008年からは自ら志願してスポーツ局に異動し、現在は『やべっちFC』プロデューサーを務める。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る