LIFEライフ 進路

サッカー業界関係者インタビュー
湘南ベルマーレ アスレティックトレーナー
前田裕章さん

無断転載禁止 サッカー業界関係者インタビュー<br>湘南ベルマーレ アスレティックトレーナー<br>前田裕章さん

体調管理のスペシャリスト

―サッカー歴は?

中学から高校まで

「本格的に始めたのは中学校の部活からで、高校もサッカー部で続けました。プレーをしたのは高校までで、卒業後は東京スポーツ・レクリエーション専門学校に進学し、トレーナーを目指しました」
―現職に就いたきっかけは?

高校時代のトレーナー

「プロを目指していたんですが、実力が伴わずに断念し、それでもサッカーにかかわる仕事がしたいと思っていたところ、フィジカルトレーニングについていろいろ相談していた部活のトレーナーの方に『これを指導する道もあるんじゃないか』と言われたのがきっかけです」
―トレーナーを目指すために努力したことは

自分の力で情報収集

「高校時代は実際に資格を取るための勉強はほとんどできなかったですが、トレーナーがどんな仕事で、何を学べばいいのかなどの情報収集はしました。いろいろな専門学校を見学に行ったり、J リーグの試合を見る時にトレーナーの動きを観察したりしました」
―現職の業務内容は?

選手の体調管理

「日本体育協会が認定する『アスレティックトレーナー』と、国家資格の『鍼灸マッサージ師』を所有していて、選手のコンディション管理やケガの治療、ケガ予防のための施術、リハビリなどを担当しています。選手にとって最も大切なのは『ケガをしないこと』だと思いますので、そのために日頃からアドバイスやマッサージ、ストレッチ、テーピングなどでケアをしています。ケガ人が出たら、一日も早く復帰できるようにサポートするのも僕の仕事です」
―どこにやりがいを感じる?

毎日が刺激的!

「泣いたり怒ったり叫んだり、ここまで喜怒哀楽を出せる仕事って他にないんじゃないかと思います。選手と一緒に熱くなれるし、ヘコむ時もあるし、楽しい時もあるという感じで、毎日が刺激的なところにやりがいを感じます」
―どんな性格の人に向いている?

人と接するのが好きな人に

「スポーツが好きで興味があることが大前提なんですが、人と接するのが好きで、誰かのために何かをするのが苦にならない人にとっては魅力的な仕事だと思います」
―今後の目標は?

ハイレベルの経験を子供たちに還元したい

「高校時代に、自分自身が一流の経験を積み、プロを目指す子供たちに還元したいという目標を立てたので、そうなれるように高いレベルの現場を経験して、そこで得たものを伝えていきたいです」
―高校生にメッセージを

目標をしっかり!

「目標をしっかり持つことが大切だと思います。ゴールを設定しておけば険しい道でも進めますし、迷いもなくなるので、明確な目標を立てて行動してください」

喜びの1ページ

湘南の優勝パレードに参加!

2列目、右から2人目が前田さん
2列目、右から2人目が前田さん
「2014シーズンに『J2最強』と言われたチームにかかわることができ、優勝パレードにも参加させていただきました。選手と一緒にオープンカーに乗せていただいたんですが、ファンの方々は僕に対しても『お疲れ様!』、『ありがとう!』と声をかけてくれて、トレーナーをやっていて本当によかったな、と思いました」
前田裕章
前田裕章さん HIROAKI MAEDA 湘南ベルマーレ アスレティックトレーナー
1983年8月30日生まれ。神奈川県立旭高校卒。東京スポーツ・レクリエーション専門学校でアスレティックトレーナーなどの資格を取得し、ギラヴァンツ北九州、東京ヴェルディなどでトレーナーを歴任。2014年から現職として活躍する。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る