LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
小谷春日(慶應義塾大学 環境情報学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>小谷春日(慶應義塾大学 環境情報学部)

慶應義塾なら
サッカーだけでなく人間性も高められる

小谷春日(慶應義塾大学 環境情報学部)
Photo:JUFA
小谷春日 KOTANI HARUHI 慶應義塾大学 環境情報学部 1年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:藤枝東高校 プレーの特徴:ドリブル

早慶戦がきっかけで、慶應義塾大学に憧れを持つように

早慶戦を見に行き、慶應義塾大学の熱く戦う姿勢に憧れを持ったのがきっかけです。慶應義塾大学のチームの一員として、早稲田大学を倒したいと強く思いました。
また、慶應義塾大学に入学した高校の先輩から、話を聞いており、慶應義塾大学でサッカーだけではなく人間性も高めていきたいと思いました。

組織としてのまとまりが魅力

慶應義塾大学は、チームが組織としてのまとまりがとても凄いです。サッカーだけではなく人間性を高められ、人間として成長できる場だと感じています。
そして何よりも早慶戦という熱い戦いの場が待っているということです。

目標はスタメン定着

今期のリーグ戦を通して、途中出場でしか試合に絡むことができませんでした。
さらに、自分の苦手な守備などの課題の強化を図り、自分のプレーの幅を広げていく必要があると感じました。インカレ、来シーズンと慶應義塾大学でスタメンとして定着するようになりたい。

小谷春日(慶應義塾大学 環境情報学部)

大学サッカーは高校サッカー以上に選手層が厚い

高校サッカーよりも球際、競り合いなど全てにおいて高校サッカーよりも大学サッカーリーグの方がレベルが高いです。
チーム内でも似たようなレベルの選手も多いため、誰がいつ出るかわからない状況です。日々の練習からアピールしなければ試合に出れない厳しさがある大学サッカーにはあると思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

自分は県大会の決勝で敗れ、最後の年は全国大会に行くことができませんでした。
大学生になって、もっと高校時代に日々の練習からしっかりとやっておけばよかったと後悔することも多いです。現役高校生には、悔いなく練習に取り組み、自分だけのオンリーワンを作ってもらいたいと思います。

1日の流れ

  • 5:00起床
  • 5:30-6:00朝食・練習の準備
  • 6:30-8:30補食・準備
  • 10:30-11:00移動
  • 11:00-17:30練習
  • 17:30-18:30帰寮
  • 18:30-20:00筋トレ
  • 20:00-21:00夕食
  • 21:00-21:30体のケア
  • 21:30-23:30自由時間
  • 23:30就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る