LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
高岡大翼(早稲田大学 社会科学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>高岡大翼(早稲田大学 社会科学部)

目指すはインカレ優勝貢献
日々、努力に励む球際ファイター

高岡大翼
Photo:Noriko Tokita
高岡大翼 TAKAOKA DAISUKE 早稲田大学 社会科学部 1年/CB/DMF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:広島県立広島皆実高校 プレーの特徴:球際ファイター

きっかけは高校3年生時の練習参加

高校3年の夏に早稲田の練習に参加させてもらいました。その時、早学生が練習に対して、本気で向き合い、常に100%を出している姿に心を打たれ、「ここでやりたい」と思ったのが、早稲田を選んだ理由です。練習に一切の妥協はせず、真面目にひたむきに練習している姿に、強いチームの根幹を見た気がしました。

「Waseda the 1st」を日々実感

早稲田には「Waseda the 1st 」という概念があり、サッカーだけでなく、人間性など、全てにおいて頂点を目指し、活動をしています。そのため、学生一人ひとりの人間力は、他大学を圧倒するものがあると思います。

目標はインカレ優勝に貢献

今の目標は、Aチームの選手として、ピッチに立ち、直接的にチームの勝利に貢献することです。チームが関東リーグを優勝した今、残す最後のタイトルであるインカレに向けて努力を重ね、インカレ優勝に貢献したいです。そのために1日1日を大切に過ごしていきたいです。

高岡大翼(早稲田大学 社会科学部)

大学サッカーはフィジカルが重要

高校サッカーと大学サッカーの1番の違いは、フィジカルだと思います。これは、自分自身、大きく痛感した点です。高校サッカーで通用していたプレーが、大学では通用しないことがありました。スピードやパワーなど、フィジカル要素の高い選手が多いです。そのため、筋トレなどフィジカルトレーニングの重要性を強く感じています。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代の1番の思い出は、全国高校サッカー選手権です。自分が本当にたくさんの人に支えられて、サッカーをしてきたんだなということを強く感じた大会でした。指導者やチームメイト、親、友達など、自分を支えてくれる全ての人に感謝の気持ちを忘れずプレーしてください。

高岡大翼(早稲田大学 社会科学部)

1日の流れ

  • 7:15-8:30起床・朝食
  • 8:30-9:00電車で移動
  • 9:00-15:00講義
  • 15:00-15:30電車で帰寮
  • 15:30-17:00自由時間
  • 17:00-20:00練習
  • 20:00-21:00自主練
  • 21:00-22:00夕食
  • 22:00-24:00夕食
  • 24:00就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る