LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
中山克広(専修大学 経済学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>中山克広(専修大学 経済学部)

当時の先輩たちのプレーを見てワクワクした

中山克広(専修大学 経済学部)
Photo:JUFA
中山克広 KATSUHIRO NAKAYAMA 専修大学 経済学部国際経済学科 1年/FW 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:麻布大学附属高校 プレーの特徴:ドリブル

パス回しが上手で見ていてワクワクした

入学のきっかけは、僕が高校3年生のとき専修大学が当時リーグ戦で3連覇を達成していて、どんなサッカーをするのかが気になり試合を見に行ったことです。
試合に出ている選手たちはみんなパス回しが上手だという印象があり、ワクワクしたというのが記憶に残っています。
そのこともあり、専修大学でサッカーがやりたいと思いました。

朝練という限られた時間で全力でプレー

専修大学は朝練しかありません。限られた時間での練習のため、一人一人の行動が素早く、少しの時間でも無駄にしないように常に全力でプレーしていると思いました。
試合では、学年や立場に関係なく自分の意見を言い合い、それをお互いが聞き受けるところがいいところだなと思います。

今の課題はボールをとられないようにドリブルすること

今の課題は体の使い方を工夫し、ボールをとられないようにドリブルすることです。
体を当ててきた相手の力をうまく使いドリブルできるように練習しています。
目標は試合に出続けるということです。専修大学はポジション争いが激しいので、同じポジションの人には絶対に負けないという気持ちを常に持ち、取り組みたいと思います。

大学と高校ではスピードに違いがある

大学と高校ではスピードに違いがあると感じました。
ボールを受けてから次にどうするのか考えるのでは遅く、パスを受ける前から次のことを考えなければプレーの選択肢がなくなってしまいます。
高校サッカーでは考える時間を持てたのに、大学サッカーでは一瞬で判断をしなければいけないということが一番の違いだと感じました。

キツくても投げ出さず乗り越えれば、いい結果が必ずついてくる

高校時代の先輩の中に警察官になった先輩がいるのですが、警察学校での訓練よりも高校のサッカー部での毎週火曜日に行ったフィジカルトレーニングのほうがキツいと言っていたことが、とても印象に残っています。
後輩には、キツいと思うことも投げ出さず乗り越えれば、いい結果が必ずついてくると伝えたいです。

中山克広(専修大学 経済学部)

1日の流れ

  • 5:00起床
  • 5:00-7:00準備・グランドへ移動
  • 7:00-9:00練習
  • 9:00-16:30大学で授業
  • 17:00-19:30自由時間
  • 19:30-20:00自主トレーニング
  • 20:00-20:30夕食
  • 20:30-23:00自由時間
  • 23:00就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る