LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
貫場貴之(順天堂大学 スポーツ健康科学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>貫場貴之(順天堂大学 スポーツ健康科学部)

順天堂大学には将来の土台作りができる環境がある

貫場貴之(順天堂大学 スポーツ健康科学部)
Photo:JUFA
貫場貴之 NUKIBA TAKAYUKI 順天堂大学 スポーツ健康科学部スポーツ科学科 2年/MF、FW 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:富山第一高校 プレーの特徴:ゴールを決めだすと止まらない。

もう一度高いレベルでサッカーをしたいと思ったのが進学のきっかけ

進学の理由は、高校卒業後のドイツへの短期サッカー留学をした後、所属チームがなく、もう一度高いレベルでサッカーをしてプロを目指したいと大学を調べていた時、最初に出てきたのが順天堂大学だったからです。
順天堂大学に実際に入ってみて、サッカーというよりも人間としてしっかりしている部員が多く将来の土台作りが出来る良い環境だと感じました。

元サッカー日本代表の堀池監督が指導してくれる

大学は、卒業後プロになる人も、企業に就職する人も、教員になる人も、人間的に大きく成長できる場です。
さらに順天堂大学はサッカー面で、元サッカー日本代表の堀池監督が指導するので、元プロからの経験で言われるアドバイスなど自分自身としても参考にしていて、上手になれるのを実感できるので良い環境だと感じます。

どのカテゴリーにいっても通用できる選手になりたい

課題は、調子が良い時と悪い時の差をなくし、できるだけ良い時が続くメンタリティーを持つことです。
目標としては、関東リーグ1部で、どんな時間帯に出場しても点を取り、仲間から信頼を得て、存在感を示すことです。
そのためには、やはりメンタル面での自信を持つため、日々の練習に対して集中して臨み、どのカテゴリーにいっても通用できる選手になりたいです。

富山第一高校での生活は、自分のスキルアップのために欠かせない3年間だった

富山第一高校での生活は、自分のスキルアップのために欠かせない3年間でした。
毎日の自主練が忘れられない思い出です。自分は三年生の高校選手権でPKを外しチームは負けてしまいました。今でも悔いが残る一瞬です。
なので、運も味方につけるくらい練習に取り組み、自分の得意なプレーだけではなく、苦手なプレーの克服にも努めてほしいです。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校サッカーで一番やり残したことはやはり選手権で全国に出られなかったことです。
今の高校サッカープレーヤーに僕が伝えられることは、本当にあっという間に終わる3年間を毎日大切に過ごしてほしい、ということです。一日一日を悔いの残らないように全力でやり切って、仲間と本気で日本一を目指してほしいです。

貫場貴之(順天堂大学 スポーツ健康科学部)

1日の流れ

  • 8:00起床
  • 8:00-8:30朝食
  • 8:30-9:00原付バイクで学校へ
  • 9:00-16:30大学の授業・ウエイト
  • 16:30-18:45練習
  • 18:45-20:00自主練
  • 20:00-20:15シャワー
  • 20:15-22:15夕食・自由時間
  • 22:15就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る