LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
大石竜平(国士舘大学 体育学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>大石竜平(国士舘大学 体育学部)

常に先を狙わないと大学サッカーで活躍できない

大石竜平(国士舘大学 体育学部)
Photo:JUFA
大石竜平 OISHI RYUHEI 国士舘大学 体育学部 1年/FW、右SH 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:静岡市立清水桜が丘高校 プレーの特徴:スピードを生かしたドリブルと、動き出しのタイミング

サッカーの名門であり、体育学部があったのが進学の決め手

進学の一番の決め手は、国士舘が大学サッカーの名門であったことです。そして、体育学部があったことももう一つの理由です。
将来はプロになることを目指していますが、その夢が叶わなかったときでも必ず、サッカーに関わる仕事がしたいと考えています。間接的にではなく、直接現場でサッカーに携わることのできる仕事がしたいと考えているので、体育学部に入り、サッカーを続けながら勉強をしていこうと考えました。

仲がいい中にも厳しさがあるので、良好な関係が築ける

実際に入ってみて、部活と勉強の両立はやはり大変だと感じましたが、文武両道を意識してやり切りたいと考えています。
国士舘の自慢できる点は、みんなが仲良しなところです。しかし仲が良いだけでなく、その中に厳しさもあり、とてもいい関係を築けていると思います。

我慢する力を養いたい

今の自分の課題は、我慢をする力が足りないということです。何事もうまくいかないことがあって当たり前ですが、そんなときに私はその時の感情が優先してしまい、後悔することが多々あります。その時々で一喜一憂しないで事実を受け入れてうまくいくように考える必要があると思っています。
この課題を克服することが今の目標です。

プレスの速さが高校サッカーとは違う

高校サッカーと大学サッカーでは、全てにおいて違いがあると思いますが、私が一番感じた点はプレスの速さです。
高校時代はボールを持ってから考えてプレーをしても余裕がありましたが、大学サッカーではボールを持ってから考えていては、気づいたころには相手に取られてしまっている状況が多くあります。常に先を狙ってプレーをしていかなければ大学サッカーで活躍はできないと思いました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代はあっという間でしたが、3年間で本当にたくさんのことを学びました。特にサッカーでは人間性がとても大事だということ、人間性の成長がサッカーの成長につながるということを実感しました。
指導者に教えてもらうのではなく、自らが指導者に教わりに行く姿勢を持つようにすれば、必ず成長できると感じました。

大石竜平(国士舘大学 体育学部)

1日の流れ

  • 8:00起床
  • 8:00-8:30朝食
  • 8:30-9:00バスで大学へ移動
  • 9:00-16:15講義
  • 16:15-17:00バスで寮へ移動
  • 17:00-17:30軽食
  • 17:30-18:00準備
  • 18:00-19:00グラウンドへ移動
  • 19:00-21:30練習
  • 21:30-22:00夕食
  • 22:00-22:30お風呂
  • 22:30-23:30掃除・点呼
  • 23:30-24:30自由時間
  • 24:30就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る