LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
葛西恭平(専修大学 経済学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>葛西恭平(専修大学 経済学部)

上級生を中心に密度の濃い練習ができる

葛西恭平(専修大学 経済学部)
Photo:JUFA
葛西恭平 KYOHEI KASAI 専修大学 経済学部 2年/DF・MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:札幌大谷高校 プレーの特徴:左右のキックの精度

もともと大学でサッカーを続けたいと思っていた

もともと高校生の時には、関東リーグ1部に所属している大学でサッカーを続けたいと思っていました。
色々な大学に練習参加する中で、専修大学の練習の雰囲気、サッカーに真剣に取り組む姿勢を見てこの大学でサッカーがやりたいと思いました。

平日の練習は朝の2時間弱のみ

専修大学では平日は朝の2時間弱しか練習できません。
限られた時間の中で、チームや自分自身の課題をつぶしていかなければならないので、上級生を中心に良い緊張感のある密度の濃い練習をしているなとサッカー部に入って1番に感じました。
また朝練しかない反面、授業が終わった後の時間は自由に使えるので、そこは専修大学の良いところだと思います。

目標はもう一度優勝すること

課題は、試合中の運動量がまだまだ少ないのでもっと走れるようになることと、パスやトラップの基礎の面で質をあげることです。
目標は、関東リーグに出続けて結果をだしてまたもう一度優勝できるようにチームのために頑張りたいです。

大学は自由な反面、しっかりと自身を管理する必要がある

大学サッカーは高校サッカーと比べて球際の激しさやスピード感は比べものにならないほど早くて、よりプロに近い環境や質で出来るということです。
また、高校のように学校の授業が固定されておらず、自分自身で授業を組むので空いている時間を有効に使うことが出来ます。
ただ、高校では先生が面倒を見てくれますが、大学では自分の生活を管理するのは自分自身なので自由な反面、しっかりとしないといけないのも事実です。

3年生の最後の選手権が高校サッカーで唯一やり残したこと

僕は、高校3年生の最後の選手権で全国大会に学校として初めて出場しました。
そのこと自体はとてもよかったですが、緊張やプレッシャーで自分達のサッカーが全くできないままに完敗してしまい、引退してしまったことが高校サッカーの思い出の中で唯一やり残したことです。

葛西恭平(専修大学 経済学部)

1日の流れ

  • 6:00起床
  • 6:00-6:30準備
  • 6:30-9:30練習
  • 10:30-12:30授業
  • 12:30-13:30昼食
  • 13:30-15:00授業
  • 15:00-17:00自由時間
  • 17:00-18:30自主練(主に筋トレ)
  • 18:30-20:00夕食
  • 20:00-20:30入浴
  • 20:30-23:00自由時間
  • 23:00就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る