LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
中村研吾(順天堂大学 スポーツ健康科学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>中村研吾(順天堂大学 スポーツ健康科学部)

様々な学生が協力し合うのが大学サッカーであり、そこがまた魅力

中村研吾(順天堂大学 スポーツ健康科学部)
Photo:JUFA
中村研吾 NAKAMURA KENGO 順天堂大学 スポーツ健康科学部スポーツ科学科 2年/GK 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:四日市中央工業高校 プレーの特徴:熱い気持ちで最後尾からチームを鼓舞するGK

周りの学生からも多くの刺激を受けることができる

この大学を選んだ理由は、高校の先輩がいたことと関東大学サッカーリーグ1部だったからです。入学して、サッカー以外の面でも、とても自分自信成長できるところだったと感じました。
また、周りの学生からも多くの刺激を受けることができるので、とても充実した学校生活が送れています。

プレーヤー以外でも様々な学生が協力し合っているのが大学サッカー

これは、自大学に限ったことではないのですが、大学サッカーの魅力として一人一人が本気になって日々の練習を乗り越えて、試合に望んでいる姿がとても響くものがあると思います。
また、サッカー以外の面においても人として成長させてくれます。大学サッカーはプレーヤーだけではなく試合を運営してくれる学生などがいて成り立っています。様々な大学の学生が協力しているのが大学サッカーであって、そこもまた魅力です。

体が小さい分、他の人より多くのトレーニングをしていきたい

自分の課題は、GKというポディションでは体が小さいので、他の人よりも多くのトレーニングをしていきたいです。
トレーニングの中でも、ウエイトトレーニングを増やしたいと思います。また、試合に出て今まで支えてもらってきた人たちに自分の頑張っている姿を観てもらいたいです。

レベルの高いサッカーのもとで、プレーすることができる

高校サッカーと大学サッカーの違いは、サッカーに対する考え方や体の大きさ、技術の違いが高校サッカーと比べて差が大きいです。
また、プロに近い選手たちが多いので、よりプロに近いレベルであり、レベルの高いサッカーのもとで、プレーすることができます。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代に自分がやり残したことは、ウエイトトレーニングです(笑)
もっとウエイトトレーニングを増やして、鍛えておいたほうが良かったと大学に入学してから痛感します。また、自分自身のプレーをもっと観ておけば良かったと思います。今の自分の課題に対して分析する力を身に付け、克服する力を身に付けられたら良いと思います。

中村研吾(順天堂大学 スポーツ健康科学部)

1日の流れ

  • 8:30起床
  • 9:00-16:30大学の授業
  • 16:30-18:45練習
  • 18:45-21:00自主練・ウエイト
  • 21:00-21:30シャワー
  • 21:30-22:30夕食
  • 22:30-23:00明日の準備・課題など
  • 23:00就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る