LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
諸岡裕人(国士舘大学 体育学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>諸岡裕人(国士舘大学 体育学部)

大学サッカーはすべてがハイスピード

諸岡裕人(国士舘大学 体育学部)
Photo:JUFA
諸岡裕人 MOROOKA HIROTO 国士舘大学 体育学部 1年/MF(ボランチ) 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:正智深谷高校 プレーの特徴:相手の攻撃の芽を摘む。豊富な運動量とセカンドボールを奪うこと。

高3の夏に練習参加したのがきっかけ

高校3年生の夏に練習参加したときに、自分のプレースタイルに国士舘のサッカーが合っていて、ここなら成長できると思ったので、国士舘を選びました。
国士舘は名門ということもあって環境も整っていますし、寮がグラウンドに近く、サッカーに集中できるという点も国士舘を選んだ理由です。

どの大学よりもめちゃくちゃ練習をしている

実際にサッカー部に入ってみて、グラウンドは寮の目の前にありますし、キャンパスまでも近くてとてもサッカーに集中する環境が整っています。
さらに国士舘の自慢できる点は練習量です。どの大学よりもめちゃくちゃ練習をしている自信があります。

日本一を大学で獲りたい

自分の今の課題はゲームを組み立てること。ボランチとしてサイドチェンジをしたりボールを受けて捌いたりということがまだまだできていません。ボランチとしてもっとそのようなところもできるようにしていきたいです。
目標は僕の中でまだ獲ったことのない日本一を大学で獲ることです。

大学サッカーは判断、切り替え、展開、プレスなどすべてがハイスピード

大学サッカーと高校サッカーの違いでよく感じるのはフィジカルコンタクトとプレースピードです。フィジカルコンタクトは高校では通用していたものも大学では全く通用しませんでした。
プレースピードは慣れるまでに本当に時間がかかりました。大学サッカーは判断、切り替え、展開、プレスなどすべてがハイスピードです。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校サッカーで一番やり残したことはやはり選手権で全国に出られなかったことです。
今の高校サッカープレーヤーに僕が伝えられることは、本当にあっという間に終わる三年間を毎日大切に過ごしてほしい、ということです。一日一日を悔いの残らないように全力でやり切って、仲間と本気で日本一を目指してほしいです。

諸岡裕人(国士舘大学 体育学部)

1日の流れ

  • 8:30起床
  • 8:30-9:00朝食
  • 9:00-9:30バスで大学へ移動
  • 9:30-16:30授業・昼食
  • 16:30-17:00バスで寮へ移動
  • 17:00-18:00昼寝
  • 18:00-18:30準備・移動
  • 18:30-21:45練習
  • 21:45-22:15夕食
  • 21:30-22:00夕食
  • 22:15-22:45お風呂
  • 22:45-23:30掃除・点呼
  • 23:30-24:30自由時間
  • 24:30就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る