LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
清谷 陸(法政大学 経済学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>清谷 陸(法政大学 経済学部)

大学サッカーは自分の時間ができるので自分の取り組みたいことができる

清谷 陸(法政大学 経済学部)
Photo:JUFA
清谷 陸 KIYOTANI RIKU 法政大学 経済学部 2年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:広島皆実高校 プレーの特徴:スピードと持久力でピッチを駆け上がる天才ドリブラー

広島皆実の藤井潔監督に勧められて入学

高校卒業時点でプロになれず、プロになるために関東リーグでプレーしたいと考えていたところ、広島皆実の藤井潔監督に法政大学への入学を勧められました。
法政大学は少人数制だったことと、高いレベルの関東リーグに所属していること、また東京にあるのに自然がある環境のなかでサッカーに集中できることから入学を決めました。

練習会時の選手同士の仲の良さが印象的

練習会行った時の、選手同士の仲がいいという印象が変わりませんでした。サッカーしている時としていないときのメリハリがあります。
監督が代わったこともあり、私生活が厳しいですがそのことが今のサッカーにつながっていると思います。

総理大臣杯・リーグ戦のタイトルを一つ獲りたい

プレー中の視野がまだまだ狭いのが今の自分の課題なので視野を広げることで、周りをうまく使っていけるようにプレーする必要があると考えています。
また、1年間シュート練習をして質を上げてきたのでさらに試合で経験を積んで弱みを強みにしていきたいです。
来年は総理大臣杯・リーグ戦のタイトルを一つ獲りたいです。自分自身もその優勝に貢献したいです。

自分の時間ができるので自分の取り組みたいことができる

大学サッカーはプレーひとつひとつの判断、走るスピードが速く、選手のフィジカルが強いところが高校サッカーとの違いだと思います。
また、生活の面では自由な時間が増えたので、フィジカルの強化など自分が取り組みたいことができるようになりました。
高校のときは部員が100人くらいと人数が多かったのですが、今は少人数の中で質の高い練習ができています。
また、公式戦でスカウトの方々も含め様々なレベルのサッカーを見ているお客さんが来ることも大学サッカーの面白いところだと思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

部室でわいわい楽しんでいたときや練習時間も含めて、仲間といた時間がとてもいい思い出です。
チームとしては全国高校サッカー選手権でベスト4を目指していましたが、自分が3年生だった時に広島皆実は3回戦というところで負けてしまいました。今思えば選手権というのは特別な舞台なので優勝を目指して、選手権にすべてをかける思いで必死に努力してほしいです。

清谷 陸(法政大学 経済学部)

1日の流れ

  • 6:00起床
  • 6:00-7:00朝食
  • 7:00-9:00朝練
  • 9:00-10:00自主練
  • 10:00-11:00補食・シャワー
  • 11:00-12:30昼寝
  • 12:30-13:30サッカーニュースのチェック・洗濯・掃除
  • 13:30-15:00授業
  • 15:00-16:00海外サッカー鑑賞、補食
  • 16:00-18:00自由時間
  • 18:00-19:00ケア
  • 19:00-20:00夕飯、談笑
  • 20:00-20:30入浴、ストレッチ
  • 20:30-21:15読書、お笑い番組を見る、ネット通販の服を見る
  • 21:15-21:30補食
  • 21:30-23:30読書、一日の振り返り、イメトレ
  • 23:30就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る