LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
渡邉黎生(駒澤大学 グローバル・メディアスタディーズ学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>渡邉黎生(駒澤大学 グローバル・メディアスタディーズ学部)

人間性を育てる環境がここにはある

渡邉黎生(駒澤大学 グローバル・メディアスタディーズ学部)
Photo:JUFA
渡邉黎生 WATANABE RIKU 駒澤大学 グローバル・メディアスタディーズ学部 2年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:修徳高校 プレーの特徴:気持ちを入れたプレー

監督の「人間」を育てるサッカー指導方針の下でプレーしたいと思い入学

入学の理由は、自分のプレースタイルに最も合っていると感じたことと、監督の「人間」を育てるサッカー指導方針の下、プレーをしたいと感じたことです。

人としてどうあるべきかを教わることの毎日

実際に入学してみて、プレーヤーというよりも人としてどうあるべきかを教わることの毎日で、技術や戦術よりも、人間性といった面で成長をできる環境に身を置けていると思います。

弱い自分が出そうなときに打ち勝つ力を身につけたい

プレーヤーとしては、周りを見て、今、自分がチームのために何をすべきかを試合中に考えられる力をつけることです。
人としては、弱い自分が出そうな時に打ち勝つ力をつけることです。

大学生になって感じた高校サッカーとの違い

プレーでいえば、スピード感が明らかに違います。ボールスピード、走力、判断力、全て。
生活の面では、自由が増える分責任が伴うなと感じています。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

目標を立て、そこから逆算することはすごく大切だと思いますが、今が一番大事なんだと改めて感じています。

渡邉黎生(駒澤大学 グローバル・メディアスタディーズ学部)

1日の流れ

  • 8:00起床
  • 8:30-9:00登校
  • 9:00-16:00講義
  • 16:00-20:30練習(全体練習は約2時間。その後自主練や筋トレ)
  • 20:30-21:00食事
  • 21:00-21:30風呂
  • 21:30-23:30自分の時間(ストレッチ・勉強等)
  • 23:30-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る