LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
尾崎快斗(桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>尾崎快斗(桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部)

いい意味で上下関係がなくとてもいい雰囲気で活動できる

尾崎快斗(桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部)
Photo:JUFA
尾崎快斗 OZAKI KAITO 桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部 3年/DF(CB) 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:実践学園高校 プレーの特徴:勝ちたいという気持ちを前面に出して闘い、空中戦では自信があります。

レベルの高い場所で勝負出来ると思った

桐蔭のセレクションを受け合格を頂いて来季から関東1部に昇格もするということで、レベルの高い場所で勝負出来ると思ったのと小学校から高校までの保健体育の免許も取得出来るという面にも惹かれ進学を決めました。

いい意味で上下関係がなくとてもいい雰囲気で活動できる

いい意味で上下関係が無く、とてもいい雰囲気で活動が出来ます。
また部員数もあまり多くないので下のチームに居るからスタッフ陣に見てもらえないという事はなく、どこのカテゴリーに居ても自分のやるべき事をしっかりとやり結果を出せばすぐに上のカテゴリーでプレーする事が出来る環境があります。

卒業後はプロサッカー選手になる事が目標

ビルドアップの能力の向上と身体を大きくする事が今の課題です。
目標はサッカー部初のインカレ出場、全国大会出場を目標にし1年間通して全試合に出場することです。卒業後はプロサッカー選手になる事が目標です。

高校サッカーとの1番の違いはアジリティーの差

大学に入り一番違いを感じたのがアジリティー(敏捷性)の差でした。
高校時代は基本的に相手に対応する事は出来ていましたが、大学では最初の頃、チームメイトや対戦する大学生のドリブルについていくことが全くできず関東リーグに自分が出場している姿が想像する事が出来ないくらい高校の時とは全然違うなと感じました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校サッカーでの思い出は東京都の決勝で決勝ゴールを決めた事と国立競技場での開幕戦でプレーができた事が一番の思い出です。
やり残した事は、大学でもすぐ通用する身体をしっかりと作っておくことだと思います。
高校サッカープレーヤーの皆さんも大好きなサッカーを思いっきり楽しんでください!

尾崎快斗(桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部)

1日の流れ

  • 8:15起床
  • 8:15-9:00朝食・大学へ行く準備・原付バイクで登校
  • 9:00-17:15大学で授業
  • 17:15-17:45部室へ移動・着替え・グラウンドに移動
  • 17:45-20:15練習
  • 20:15-21:15自主練・筋トレ
  • 21:15-21:30部室へ移動・着替え・帰宅
  • 21:30-22:00お風呂
  • 22:00-23:00夕食
  • 23:00-24:00自由時間
  • 24:00-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る