LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
笹子浩輔(中央大学 法学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>笹子浩輔(中央大学 法学部)

大学サッカーは高校以上に頭を使ったプレーが要求される

笹子浩輔(中央大学 法学部)
Photo:JUFA
笹子浩輔 SASAGO KOSUKE 中央大学 法学部 4年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:中央大学杉並高等学校 プレーの特徴:ボール奪取

中村憲剛選手に憧れて附属高校へ

憧れていた中村憲剛選手が中央大学出身だったことが、高校に進学するときに、大学は中央大学でプレーしたいと思い、附属の中央大学杉並高等学校に進学しました。

先輩・後輩関係なく仲がいい

中央大学の自慢できる点は、先輩・後輩関係なく仲がいいことです。現在、最上級学年になりましたが、後輩たちは積極的に声をかけてくれます。
こんなに仲がいい大学は中央大学以外、他にないと思います。

後輩にどんな姿を残すことができるのかを考えながら取り組んでいきたい

自分のところでボールを相手から奪い、繋ぐ回数を今までより増やしていきたいと思っています。
また、4年生として後輩にどんな姿を残すことができるのかを考えながらこの1年間、必死に取り組んでいきたいと思います。

高校以上に頭を使ったプレーが要求される

高校の時から頭を使ってプレーすることを意識していましたが、大学に入ってからそれ以上に考えないといけないと感じています。
特に守備の部分では組織的に徹底すること、頭を使うことが高校時代より求められていると思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代は1度しか経験することができません。もっとこうすれば良かったと後悔することのないように自分に負けず、サッカーに取り組んでください。
そして、ミスを恐れずに色んなことにチャレンジしてください!

笹子浩輔(中央大学 法学部)

1日の流れ

  • 7:00起床
  • 7:00-7:30朝食
  • 7:30-8:30準備
  • 8:30-16:00就職活動または関東大学サッカー連盟の活動
  • 16:45-19:00練習
  • 19:45-21:00電車で帰宅
  • 21:00-21:30夕食
  • 23:30-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る