LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
小堀将人(東洋大学 国際地域学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>小堀将人(東洋大学 国際地域学部)

自分の憧れのパスサッカーをしながら成長できると思い、入学

小堀将人(東洋大学 国際地域部)
Photo:JUFA
小堀将人 KOBORI MASATO 東洋大学 国際地域学部 3年/FW・MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:千葉県立八千代高等学校 プレーの特徴:運動量と両足のキック

高校までとは違う練習の内容に魅力を感じた

パスサッカーを基本としているチームに憧れを持っており、東洋のセレクションに参加して練習の内容が高校までとは違うもので、魅力を感じました。
また、4年間で自分の憧れであったパスサッカーをしながら成長できる環境がこの大学には整っていると思い、この大学を選びました。

自慢は考えながらサッカーをすること

練習から様々なパス練があり、初めはトラップやキックの仕方まで指導があって難しかったです。
東洋大学の自慢は、1つのトラップやパスにこだわりを持つことや他の大学とは違う戦術を学べて、考えながらサッカーをすることです。

小堀将人(東洋大学 国際地域部)

判断力をつけ、そして試合で存在感を出したい

今の課題はもう少し判断力をつけることと試合で存在感を出すことです。今季は開幕からベンチに入り、2節目にリーグ戦に出場することができていて、その中で結果を残せるようになりたいです。
また、試合を決める選手、自分の持ち味を常に発揮できるようになり、夢を実現できるようにしたいです。

高校と大学の大きな違いは2つ

高校と大学の大きな違いは2つあって、まずは身体の強さであると思います。少しのミスで相手に弾き飛ばされてしまうことや、最高で4学年離れている選手と戦わなくてはならないので体格差などが出てしまうことです。
2つ目は大学の場合はより戦術的な戦いが求められることです。常に様々なことを考えながらプレーする必要があります。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代は2年生の時にインターハイと選手権共に全国一回戦負けで、3年生の時は県ベスト4で終わってしまい、もっとやればよかったと思うことがたくさんありました。
1つのシュートやパスにこだわりを強く持ち練習からプレーし、後悔しない高校サッカーにしてもらいたいです。

小堀将人(東洋大学 国際地域部)

1日の流れ

  • 7:30起床
  • 7:30-8:00朝食
  • 8:00-8:30電車で大学に
  • 9:00-16:30授業
  • 16:30-17:00電車、自転車でグラウンドに
  • 17:00-18:00筋トレ、リラックス
  • 18:00-18:45アップ
  • 18:45-20:45練習
  • 20:45-21:00自転車で帰宅
  • 21:00-21:30晩飯
  • 21:30-24:00自由時間
  • 24:00-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る