LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
田村翼(東海大学 体育学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>田村翼(東海大学 体育学部)

1部のチームに勝って全国大会出場を目指す

田村翼(東海大学 体育学部)
Photo:JUFA
田村 翼 TAMURA TSUBASA 東海大学 体育学部体育学科 4年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:広島皆実高校 プレーの特徴:スピードに乗ったドリブルで相手を切り裂く

レベルの高い関東リーグで試合に出て自分をレベルアップさせたかった

レベルの高い関東リーグで試合に出て自分をレベルアップさせたかったので、東海大学に進学しました。
また、保健体育の教員免許を取得できるという点も進学の決め手となりました。

寮での共同生活は仲間との絆を深めることができる

実際入ってみて、最初は学校のグラウンドやトレーニングルームなどの施設が充実していて驚きました。
また、寮生活なので食事では栄養バランスを考えた料理が出されるので、健康管理もしっかりできます。共同生活なので仲間との絆も深まります。
東海大学はたくさんの学部や学科があり、違う学部の授業も履修できるので、自分が全く知らない分野でも、興味があれば学ぶことができます。

田村翼(東海大学 体育学部)

1部のチームに勝って全国大会出場を目指したい

今の課題はチームとしてやらなければならないことをやりつつ、自分のストロングポイントを試合の中で何回出せるかというところです。
そして、今季は昇格争いに食い込んでいきたいと思っています。また、総理大臣杯の関東予選で1部のチームを倒して全国大会出場を目指しています。

関東リーグにはフィジカル面でプロに通用する選手が何人もいる

高校と大学の一番の違いはフィジカル面です。フィジカルコンタクト、スピード、大学入学当初は自分の体が細かったために、悩みました。
フィジカル面でプロに通用する選手が関東リーグにはたくさんいます。
また、生活面においては、高校時代は「時間が全く足りない」という印象でしたが、大学では自分の時間が増えるので、その時間を有効に使いたいです。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代は選手権に出るために全てを捧げて戦いましたが叶わず、プレーの面でも全くダメ、3年時に関しては公式戦は途中出場ばかりと本当に悔しい思い出ばかりでした。
やり残したことは、やはり選手権に出てみたかったということです。
今の高校生には引退する時に「やり切った」と思えるように日々過ごしてほしいと思います。

田村翼(東海大学 体育学部)

1日の流れ

  • 7:45起床
  • 7:45-8:45朝食
  • 8:45-9:30準備・自転車で大学へ
  • 9:30-16:45授業・昼食
  • 16:45-17:15準備
  • 17:15-19:15練習
  • 19:15-20:00洗濯・お風呂
  • 20:00-20:45夕食
  • 20:45-23:15自由時間
  • 23:15-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る