LIFEライフ 進路

JUFA KANTO×footies!
大学サッカー PERFECT GUIDE
「早稲田大学ア式蹴球部」

無断転載禁止 JUFA KANTO×footies!<br>大学サッカー PERFECT GUIDE<br>「早稲田大学ア式蹴球部」
取材・文・写真/池田敏明

大学サッカー界をリードする名門

初代Jリーグチェアマンの川淵三郎氏や歴代最高FWの釜本邦茂氏ら、日本サッカーのレジェンドたちを輩出した早稲田大学ア式蹴球部に迫る!

秋山陽介
Team Navigator

秋山陽介

スポーツ科学部3年/MF/流通経済大柏高校出身

自己推薦で早稲田大学入学

高校3年に進級した頃に大学進学を意識し始め、コーチから「成績も取れているし、チャレンジしてみたらどうか」と勧められ、先輩も何人かいたことで、早稲田を意識するようになりました。実績と小論文、面接で評価される自己推薦入試を受け、スポーツ科学部に合格しました。

2つのキャンパス

スポーツ科学部はア式蹴球部のグラウンドがある東伏見と、所沢にキャンパスがあります。日によって所沢に行くこともありますし、東伏見の時もあります。

新しいチームメート

そのまま流通経済大学に進学する選択肢もありましたが、高校時代のチームメートだけではなく、いろいろな人とサッカーがしてみたいと思いました。早稲田は一度、練習に参加して、その時に進学を決断しました。

伝統の入部テスト

ア式蹴球部に入部するためには、まず走力を計るランテストを受けなければなりません。それをパスするとようやく仮入部になりますが、選手としてはもちろん、人間としても成長するための十分な準備ができるまでは正式に入部できません。日々の練習で自分の持ち味を発揮することはもちろん、それ以外の面でもチームに良い働きかけをしていき、そういった姿勢が評価されれば晴れて入部となります。僕はけっこう時間がかかりました(笑)。2月から練習に参加していたんですが、決まったのは4月の終わり。入学式が終わって履修登録も済んで、関東リーグが始まってようやく、という感じです(笑)。

意識が変わった

挨拶や礼儀の面は高校時代に教えていただいたんですが、周囲に発信することや、自分が先頭に立って何かをやるということはできていませんでした。早稲田に来てから、少しずつできるようになってきました。

スピードが違う!

大学のサッカーは、スピードとフィジカルが高校と違いましたね。体格のいい選手も多いですし、一つひとつのプレーが速い。早稲田は特にプレスが速いスタイルでプレーするので、最初の2カ月ぐらいは戸惑いました。

スピード重視のスタイル

速いプレッシャーと、攻守の切り替えからの素早い攻撃が早稲田のサッカーです。全員の守備意識の高さも特徴の一つですね。高校時代は時間と手数をかけて攻撃することが多かったので、最初は適応するのに時間がかかりましたが、自分の持ち味であるチャンスメーク能力を生かしながら早大のサッカーができるよう、努力しています。

伝えることが大切

練習では、選手たちのつねに大声が飛び交っています。早稲田では選手全員が声を出して伝えることを大事にしています。発信する力は、サッカー以外の場でも役に立ちますし、これから社会にでた時にも大切なスキルだと思います。

濃密なトレーニング

練習時間は高校時代のほうが圧倒的に長かった。大学の練習は時間は短いですけど凝縮されているというか、トレーニングに100%の力で取り組まなければならないし、かかわっている時間が長いので、大学のほうがキツく感じます。

人間性を大事にする監督

古賀聡監督は自分たちのサッカーをやるためにどうすべきかを常に考えている、芯のブレない監督です。「人間的な成長なくして選手としての成長はない」と常々、言っていて、サッカーはもちろん、人間性を重要視している気がします。最近はサッカー以外の話に入ってきてくれるようになりました。意外と面白い方です(笑)。

関東大学サッカーは、技術レベルが高い!

スピーディーなサッカーをする大学が増えてきたので、球際のぶつかり合いは激しいですし、どの選手も技術が高い。試合をしていてやりがいを感じますね。

早慶戦はダービー!

入学当初はピンと来なかったんですが、試合に出るようになって、雰囲気の違いを実感しました。OBの方々の意識も強いですし、早稲田はもちろん、慶應の選手も激しく仕掛けてきます。応援も熱気がこもっていて、まさに「ダービーマッチ」という感じです。

支えられ、応援されている

4年生はよく「支えてくださる皆様のために全力で戦います」と言います。1年生の頃は意識しづらかったんですが、応援してくださる方々と知り合う機会が多くなるにつれて、僕自身もその気持ちが強くなってきました。全国各地で「応援しています」、「ずっと成績を追いかけています」と言っていただくので、それに応えなければならないな、と思っています。

刺激ある日々の生活

寮生活をしているんですが、ある程度のことを自分たちでやらなければならないのが、意外と楽しいですね。授業でもいろいろなことが学べますし、他の部活もレベルが高く、世界と戦っている人もいるので、そういう人たちと仲良くなって話をすると刺激になります。

オフの日の過ごし方

月曜日はオフなので、授業が終わった後に映画や買い物に行くこともあります。授業を入れなければ、丸々1日を自由に使うことができます。

社会に出るために

プロになることが第一目標なんですが、コーチや先生も楽しそうかな、とも思っているので、自分が専攻しているスポーツ医科学をしっかり勉強しつつ、コーチングライセンスも取りたいな、と思っています。いずれにしても、将来はサッカーとかかわれる職に就きたいですね。

高校生活への提言

監督やコーチ、先生から言われることをただ受け入れるのではなく、そこにどんな意味があるのかを自分の中で理解して練習や勉強に取り組んでいけば、充実した高校生活が送れると思います。あと、勉強はちゃんとしておいたほうがいい。特に英語は社会に出てからも必要です!

西東京市東伏見にある人工芝グラウンド
西東京市東伏見にある人工芝グラウンド

I'll guide you. ~私が案内します!~

早稲田大学ア式蹴球部

フィジカルコーチがトレーニングメニューを考えてくれて、週に2回ぐらいジムトレーニングをします。僕は動作を速くするためのトレーニングをしています。高校時代はマシントレ?ニングをしたことがなく、大学でやるようになってから体重も増えました。

早稲田大学ア式蹴球部

練習環境を自分たちで整備するために、清掃やゴミ拾いを率先して行っています。

早稲田大学ア式蹴球部

寮は2人部屋で、4年生と2年生、 3年生と 1年生がペアになります。僕のペアは新入生なんですが、積極的なヤツなので、いろいろ話しますね。それでいて早く寝てしまうので、おかげで規則正しい生活が送れています(笑)。

早稲田大学ア式蹴球部

サッカー部の部室には、初代Jリーグチェアマンの川淵三郎氏や歴代最高FWの釜本邦茂氏ら偉大な先輩方のメッセージ入りのサイン色紙などが飾ってあり、部の伝統と歴史を感じながら、日々トレーニングに励んでいます。

早稲田大学ア式蹴球部
早稲田大学ア式蹴球部

寮では朝食と夕食の時間が決まっていて、遅れると食べられないので、必然的に朝は8時半起床になります。講義は所沢キャンパスの日と東伏見キャンパスの日があります。教室で受ける講義以外にオンライン講義が週に2コマあって、これは空いている時間に部屋でパソコンを開いて受けます。練習に影響が出ないよう、4限以降の講義は履修しないよう調整しています。試合は土曜日か日曜日。基本的に現地集合なので、2時間前に到着できるよう準備をします。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る