LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
千本松徹(東海大学 文学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>千本松徹(東海大学 文学部)

高校の監督と同じ大学で成長したい

千本松徹(東海大学 文学部)
Photo:JUFA
千本松 徹 SENBONMATSU TORU 東海大学 文学部 3年/GK 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:東京学館高校 プレーの特徴:飛距離のあるロングキック

高校の監督と同じ大学で成長したいと思った

自分の高校の監督が東海大学出身で、自分も監督と同じ大学に行き成長したいと思い、進学しました。
また、東海大学は昔から有名なので、このようなチームのTOPチームに入り、強豪と戦ってみたいと思ったのも大きな決め手です。

執念のディフェンスがこのチームにはある

実際入って感じることは、東海大学は守備が固く最後の最後まで諦めずに体を張ってシュートを止めゴールを割らせない執念のディフェンスがあると思います。

千本松徹(東海大学 文学部)

チームに必要とされるキーパーを目指す

イージーミスで失点したり、止めれるようなシュートが簡単に入ったりしてまうことがあります。
ですので、信頼されるキーパーになるために、小さなミスを無くして大事な試合で0失点に抑えられるようになるためにも日々の練習から集中し、チームに必要とされるキーパーにならないといけないですし、なりたいと思っています。

キーパー目線で感じる高校サッカーと大学サッカーの違い

大学に入って高校とは違うと思った部分はシュートの威力とシュートの精度が高い事と、キーパーのキックが正確で攻撃の起点となっている事です。
フィールドプレーヤーはフィジカルの強さと球際の強さ、パスの正確さも違います。
また、全体的に全てのレベルが高く、体が大きい分、強さも全く違うと感じます。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

自分は朝練があり、毎日早く起きて練習し、午後は授業が終わればすぐに練習して下校時間ギリギリまでボールを蹴っていました。
高校の時は勝ち負けも大事ですが、自分はサッカーを純粋に楽しんでいたので、皆さんも三年間という短い期間に楽しんでサッカーをやってもらいたいと思っています。

千本松徹(東海大学 文学部)

1日の流れ

  • 8:15起床
  • 8:30-9:00朝食
  • 9:00-9:30大学へ出発
  • 9:30-17:00授業
  • 17:00-19:15練習
  • 19:30-21:00夕食
  • 21:00-21:45入浴
  • 22:00-25:00自由時間
  • 25:00-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る