LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
亀井大地(関東学院大学 人間環境学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>亀井大地(関東学院大学 人間環境学部)

個人でもチームでも上を目指せるところが魅力的だった

亀井大地(関東学院大学 人間環境学部)
Photo:JUFA
亀井大地 KAMEI DAICHI 関東学院大学 人間環境学部 3年/DF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:興国高校 プレーの特徴:得点を演出するレフティ

個人でもチームでも上を目指せるところが魅力的だった

関学大に進学した理由は、近年関東2部リーグで上位に位置していて、ここなら上を目指せると思ったからです。そして、横浜F・マリノスと提携しているということも大きな決め手でした。また、関学大に練習参加した時に、関学大のサッカーに魅力を感じて、個人でもチームでも上を目指せると思い、選びました。

横浜F・マリノスと提携

2部リーグで実際にプレーしてみて、ボールを扱うことに関しては少しは通用すると思い自信を持ってプレーできています。 大学の自慢できる点としては、やはり横浜F・マリノスと提携しているという点です。そのようなレベルの高い環境でできるからこそ、意識を高く持ってサッカーをできます。

亀井大地(関東学院大学 人間環境学部)

走力とフィジカルコンタクトのレベルアップ

今の目標は、まず1部リーグに昇格すること。そして、将来的にはJ2以上のステージでプロになることです。しかし、まだまだそのレベルには到達できていないので、今後の課題として走力とフィジカルコンタクトの点でレベルを上げていきたいと思っています。

大学サッカーは自主性が問われる

高校サッカーと大学サッカーで違うと感じたところは、スピード・フィジカル・判断の速さが段違いなのはもちろんですが、一番の違いは自主性が問われているところだと思います。自分で考えなければならない範囲が広がり、答えにたどり着かなければいけないという点では、高校サッカーと大学サッカーが違うところではないかと思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代にやり残したと思っていることは、「選手権」に出ることです。
自分自身、勝ち進んだ選手たちにしか立てない景色や空気を味わえなかったので、現役でプレーする高校生にはインターハイや選手権などたくさんの大舞台に立ち、楽しんでほしいと思っています。

亀井大地(関東学院大学 人間環境学部)

1日の流れ

  • 6:15起床
  • 6:15-7:15朝食・準備
  • 7:15-9:15練習
  • 9:15-18:45授業
  • 18:45-20:15筋トレ
  • 20:15-21:15自主練
  • 21:15-22:15お風呂・自由時間
  • 22:15-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る