LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
松田健太郎(明治学院大学 社会学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>松田健太郎(明治学院大学 社会学部)

試合に出て経験を積むことで、レベルアップしていくことが大事

松田健太郎(明治学院大学 社会学部)
Photo:JUFA
松田健太郎 MATSUDA KENTARO 明治学院大学 社会学部 社会福祉学科 2年/GK 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:習志野高校 プレーの特徴:気迫溢れるプレー

試合に出て経験を積むことでレベルアップしていくことが大事

大学を選ぶ際に、最初は関東1部に所属している大学を選ぶつもりでしたが、その時の自分の実力を考えたとき、GKはまず試合に出て経験を積むことでレベルアップしていくことが大事だと思い、高校の監督の勧めもあった明治学院大学に進学することを決めました。

想像していたよりもレベルが高く質も高い

実際に練習に参加してみると、自分が想像していたよりもレベルが高くて、質の高い練習をしていたので、この大学を選んでよかったと思いました。

松田健太郎(明治学院大学 社会学部)

体の大きい選手が多いから、当たり負けしないように

自分は、GKの中では身長が低い方なので、ハイボールの処理が課題です。大学リーグでは、体の大きい選手が多く、その中でも当たり負けしないよう、ウエイトトレーニングをしっかりしていきたいです。自分の特長である反応の速さや、キックの精度などを磨いていき、夏までにはトップチームでプレーできるようにしたいです。

余った時間で何ができるかを考え実行

サッカーの面では、体の大きさやスピード感がもちろん違うと思いますが、一番大きく違うと感じたのは「自分の時間の使い方」です。高校の時と比べて大学では自分で考えて動かなければならない時間が多くあり、今振り返ると高校の時には「やらされていた」サッカーという印象がありましたが、大学では自分で課題を見つけ、余った時間で何ができるか考え実行していかないといかない、そういうところが一番の違いだと思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代に後悔だけはしたくないと思い、練習していたのですが、実際に選手権で負けて引退となったときに、もっと高校サッカーを続けたいと思いました。負けてしまったら誰しも悔しい気持ちになると思うので、今の状況を楽しんでサッカーをしてほしいと思います。

1日の流れ

  • 8:15 起床
  • 8:15-9:00 朝食
  • 9:00-9:30 準備
  • 9:30-10:00 通学
  • 10:00-13:00 授業・講義
  • 13:00-14:30 昼食
  • 14:30-17:15 授業・講義
  • 17:15-19:15 練習
  • 19:15-20:45 自主練習・筋力トレーニング
  • 20:45-21:30 夕食
  • 21:30-22:15 次の日の授業の予習
  • 22:15-23:15 自由時間
  • 23:15- 就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る