LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
宮森信吾(東京農業大学 国際食糧情報学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>宮森信吾(東京農業大学 国際食糧情報学部)

インパクトを残せるようなプレーを

宮森信吾(東京農業大学 国際食糧情報学部)
Photo:JUFA
宮森信吾 MIYAMORI SHINGO 東京農業大学 国際食糧情報学部 2年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:立正大淞南高校 プレーの特徴:スピードを生かしたドリブルと高さ

大学の特徴や環境をしっかり見て決めた

この大学を選んだのは、もともと東京出身で、実家から通える大学に進学することで自分にとってよい環境になると思い農大を選びました。やはり家族のサポートは自分にとって大きいですし、日頃の感謝をプレーで見せるのには近い方が見に来てもらいやすいので高校時代とはまた違った刺激があります。大学を選ぶときサッカーだけで選ぶのではなく、大学の特徴や環境をしっかり見て決めました。

すべて自分で考えて行動

実際に入ってみて、サッカーや日常生活で高校時代よりも自立しないといけないと感じています。高校時代は先生方のサポートやアドバイスに助けられてきましたが、大学はそうはいかないのですべて自分で考えて行動しています。

宮森信吾(東京農業大学 国際食糧情報学部)

インパクトを残せるように

二年生になって自分にとって関東リーグ初挑戦となりますが、来年、再来年のために今年はチームとしても個人としてもインパクトを残せるようにしたいです。もちろんやるからには、二部リーグ優勝を目指しますし、そのほかの大会でも結果を求めて、個人としても試合に出続けてチームに貢献していきたいです。

サッカーをしてる時以外の時間の過ごし方が違う

高校時代との違いは、サッカーをしてる時以外の時間の過ごし方だと思います。高校の時は、毎日毎日を我武者羅に過ごして一日が終わるのがとても早く感じていました。今は、授業や練習の時間が高校よりも全然短いので自由な時間があります。その時間の使い方は自由で、自分の課題をトレーニングすることもできるし、プライベートな時間を過ごして気分転換をすることもできます。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

やり残したことは全国制覇です。入学から三年間それだけを目標としてサッカーをしてきたので、大学でもチャンスがあればその目標を達成したいと思っています。高校サッカーは、人生でもかけがえのない時間になると思うので、毎日を本気で過ごし、周りで支えてくれる人のためにプレーしてほしいとおもいます。

1日の流れ

  • 7:45 起床
  • 7:45-8:15 朝食
  • 8:15-8:30 準備
  • 8:30-9:30 電車で大学へ
  • 9:30-12:15 授業
  • 12:15-13:45 トレーニング
  • 13:45-14:15 自主練
  • 14:15-14:45 昼食
  • 14:45-16:15 授業
  • 16:15-20:00 アルバイト
  • 20:00-21:00 帰宅
  • 21:00-23:00 自由時間
  • 23:00- 就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る