LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
神沼拓海(東京農業大学 国際バイオビジネス学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>神沼拓海(東京農業大学 国際バイオビジネス学部)

心技体の三つが整っていないと、大学サッカーでは通用しない

神沼拓海(東京農業大学 国際バイオビジネス学部)
Photo:JUFA
神沼拓海 KANUMA TAKUMI 東京農業大学 国際バイオビジネス学部 3年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:遊学館高校 プレーの特徴:左足のキック

さまざまな条件に合っていた東京農業大学

高校時代に尊敬していた先輩が行っていて、監督にもすすめられたことから東京農業大学を知りました。自分自身も、関東二部リーグの大学でサッカーがしたいと思っていたこともあり、高校まで勉強も頑張ってきたので、偏差値や学びたいこと、さまざまな条件に合っていた東京農業大学を選びました。

人工芝グラウンドで毎日サッカーができていることに喜び

実際に入ってみて、大学サッカーでは当たり前かもしれませんが、人工芝グラウンドで毎日サッカーができていることに喜びを感じています。筋トレルームも充実していて、大学サッカーには欠かせない体作りも徹底して行える環境です。学校も場所が世田谷にあり、都心なのでとてもいいと思います。

神沼拓海(東京農業大学 国際バイオビジネス学部)

中村俊輔選手のような脅威を与えられるキッカーに

自分の課題は、攻撃のかじ取り役となって、ゲームを組み立てる力をもっと上げていくこと。そしてプレスキックの精度を上げていくことです。中村俊輔選手のような脅威を与えられるキッカーになること、点の取れるMFになることが自分の目標です。

心技体の三つが整っていないと、大学サッカーでは通用しない

大学サッカーと高校サッカーで感じた違いは、フィジカルとスピードです。入学したときは、このふたつの差がありすぎてまったく勝負できませんでした。Bチームで一年間試合経験を積みながら、体作りを行いました。心技体の三つのうち中学で技術を磨き、高校でメンタルを鍛え、大学で体を強くしました。この三つが整っていないと、大学サッカーでは通用しないんだと実感させられました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

自分は高校時代、すべての時間をサッカーに費やしました。自分のやってきたことに後悔はありません。しかし、一つだけやり残したことは全国大会に監督、コーチを連れて行けなかったことです。高校時代に死ぬほどきついことや辛いことを仲間と乗り越えた3年間は人生で1番の思い出であり「宝物」です。今は辛いこと、苦しいこともあるだろうけど卒業したら最高の笑い話になります!後悔しないように、いまを全力で頑張ってください。

1日の流れ

  • 7:15 起床
  • 7:15-9:30 準備、電車で大学へ
  • 9:30-10:00 朝食
  • 10:00-11:00 筋トレ
  • 11:00-12:15 授業
  • 12:15-13:45 トレーニング
  • 13:45-14:15 自主練(シュート、FKなど)
  • 14:15-14:45 昼食
  • 14:45-17:30 授業
  • 17:30-18:00 夕食
  • 18:00-21:45 バイト
  • 21:45-23:45 帰宅
  • 23:45-0:15 風呂
  • 0:15-0:45 ストレッチ
  • 0:45- 就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る