LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
山田武典(青山学院大学 法学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>山田武典(青山学院大学 法学部)

個人のクオリティが最も重要

山田武典(青山学院大学 法学部)
Photo:JUFA
山田武典 YAMADA TAKENORI 青山学院大学 法学部 3年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:青森山田高校 プレーの特徴:左足のキック

勉強もサッカーも高いレベルでできる

青山学院大を選んだ理由は、第一に高校時代の監督(黒田剛監督/青森山田高校)に勧められたことが理由ではありますが、青森山田から青山学院大へは誰一人入ったことがなく、勉強もサッカーも高いレベルでできるからということもこの大学を選んだ理由です。

大学全体の部活がスポーツを盛り上げていこうと

実際に入ってみて、サッカー部の雰囲気も大学自体の雰囲気も仲が良く自由です。実際に、部内でも上下関係はそれほど厳しくありません。また、青山学院大は、大学をあげて特別スポーツに力を入れているというわけではありませんが、陸上部を筆頭に大学全体の部活がスポーツを盛り上げていこうとしています。

山田武典(青山学院大学 法学部)

勉強もその他のことも、時間を気にせず学べるうちに学びたい

今の課題は、まず選手である前に大学生なので、単位を取ることです。学生でいられるのもあと2年なので、大学生のうちに勉強もその他のことも、時間を気にせず学べるうちに学ぼうと思っています。サッカー面では、3年生がプロに入れるか入れないかの勝負の年なので、課題であるポジショニング、試合の流れを読む力を改善していきたいと思っています。

個人のクオリティが最も重要

高校と大学でのサッカーの違いは、選手一人一人が自信を持っていることです。大学サッカーでは出身校、出身チームはあまり関係なく個人のクオリティが最も重要だと思います。個人のクオリティに関しては、フィジカルも含めて高校サッカーとは全くレベルが違います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代の一番の後悔は、後先のことを考えすぎたこと。主将ということもあっていろいろと考え込んでしまうこともありました。今振り返るともっと純粋にサッカーを楽しむべきだったと思います。特に主将の選手には、あまり固く考え込まずにに自然体で勉強にもサッカーにも楽しむ気持ちを持って取り組んでほしいと思います。また、周りの選手には、考えすぎている選手がいたら声をかけて助けてあげるべきだと思います。

1日の流れ

  • 7:15 起床
  • 7:15-7:45 朝食
  • 7:45-8:00 準備
  • 8:00-11:30 練習
  • 11:30-12:30 電車通学
  • 12:30-18:30 講義
  • 18:30-20:45 電車で帰宅
  • 20:45-0:15 夕食・自由時間
  • 0:15- 就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る