LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
成田悠冴(東京国際大学 人間社会学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>成田悠冴(東京国際大学 人間社会学部)

個人のクオリティが最も重要

成田悠冴(東京国際大学 人間社会学部)
Photo:JUFA
成田悠冴 NARITA YUGO 東京国際大学 人間社会学部 3年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:市立船橋高校 プレーの特徴:攻撃のアイデア

レベルの高いところでプレーができる

東京国際大学に決めたのは、自分が入学する前に1部に上がって勢いのある大学でしたし、1年生の時から関東1部でレベルの高いところでプレーができると思い選びました。

サッカーをする環境がすごく整っている

大学に入って、降格や厳しい戦いで悔しい思いをして、その「悔しい想い」を持ってやっていて、チームがまとまってきて良い方向に向かっています。サッカーをする環境としても、施設や設備がすごく整っており練習する場所、時間が多いところが魅力です。

成田悠冴(東京国際大学 人間社会学部)

勉強もその他のことも、時間を気にせず学べるうちに学びたい

今の課題は、自分からチームを成り立たせゲームを作れる選手になることと、あとはどこからでもシュート(ロング・ミドル)が打てる選手‟相手に対して怖い選手になる”ことです。チームとしても関東1部リーグに上がることが目標です。

プレスが速くて潰される

大学サッカーで感じた高校の時との違いは、高校サッカーでは、まずボールを持って考えることができたし、個人が一人一人、ある程度の能力を持っていれば通用するということ。その反面、大学サッカーでは、プレスが速くて、まずボールを持って考えることはできず潰される。ほかにも上手い選手は大学、それ以上になったら数多くいるからチームが一つにならないと難しいということを感じた。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代、インターハイを優勝したことは思い出になりますが、選手権ではやり残したというか練習不足で後悔することがあった。現役の高校サッカープレーヤーには、高校サッカーは大学サッカーに比べて注目度が高いので頑張ってほしいです。

1日の流れ

  • 7:30 起床
  • 7:30-8:00 朝食
  • 8:00-8:30 準備
  • 8:30-9:30 電車で大学へ
  • 9:30-17:00 授業・講義
  • 17:00-19:00 練習
  • 19:00-20:00 自主トレ
  • 20:00-22:00 電車で帰宅
  • 22:00-23:00 夕食
  • 23:00-0:00 自由時間
  • 0:00- 就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る