LIFEライフ 進路

大学サッカープレーヤー紹介
石川将人(東京学芸大学 教育学部)

無断転載禁止 大学サッカープレーヤー紹介<br>石川将人(東京学芸大学 教育学部)
(C)JUFA

人に自分の考えをしっかりと話せるようになること

石川将人(東京学芸大学 教育学部)
Photo:JUFA
石川将人 ISHIKAWA MASATO 東京学芸大学 教育学部芸術スポーツ文化課程生涯スポーツ専攻 3年/DF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ2部 出身校:流通経済大学付属柏高校 プレーの特徴:球際の強さと正確なフィードキック

幅広い視野を持つために国立大学へ

自分のことを何も知らない新天地でプレーをしたり評価してもらったりと新たな刺激がほしかったからこの大学を選びました。また多くのプロ選手を輩出しているということも選んだ理由の一つです。サッカーだけではなく幅広い視野を持つために国立大学を選びました。高校の時の先輩が今の大学に在籍しておりお話しを聞いて入りたいという気持ちが芽生えました。

多方面で活躍している方が多くいるのが魅力

入学当初は、慣れないことも多かったが先輩が優しく教えてくれたのがすごく印象的でした。サッカーはもちろん、サッカーだけではなく色々な面で活躍されている方が多くいることが東京学芸大学の自慢です。

石川将人(東京学芸大学 教育学部)

人に自分の考えをしっかりと話せるようになること

今の課題は、「サッカーを知る」ということが課題の一つです。自分の中で解決するのではなく人に自分の考えをしっかりとプレーの原則に沿って話せるようになるということです。そしてプレー面では、対人で絶対に抜かれないようにすることが今の課題です。今後の目標としては「プロサッカー選手になる」ということ、これが今の大目標です。そのための小目標として関東一部リーグに昇格することを近い目標としています。

『考えて』サッカーをする

高校サッカーと大学サッカーの違いは、「考えてサッカーをする」ということが多くなったような気がします。高校サッカーの時も考えてはやっていたが、多少がむしゃらにやっている部分があったと思います。大学サッカーでは色々な人と関わることでたくさんのサッカーを知れたり、考え方を知れたことが違いだと思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代の思い出は、最後の高円宮杯U-18チャンピオンシップで全国優勝したことが一番の思い出でありうれしかったことだと思います。あの時のことは一生忘れることはないと思います。選手権に出れなかったことが少し悔しく思います。現役高校サッカープレーヤーのみんなは、自分が納得行くまで練習してください。その努力が必ず結果に結びつくと思います。きつい練習もあるかと思います、それはのちの思い出話にもなると思います…

1日の流れ

  • 6:30 起床
  • 6:30-7:15 朝食
  • 7:15-7:30 準備
  • 7:30-8:45 電車で学校へ
  • 8:45-12:00 授業
  • 12:00-13:00 昼食
  • 13:00-18:00 授業
  • 18:00-20:00 練習
  • 20:00-20:30 自主練習
  • 20:30-21:30 電車で帰宅
  • 22:00-22:30 夕食
  • 22:30-0:00 自由時間
  • 0:00- 就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る