LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
高田優(岐阜経済大学 経営学部)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>高田優(岐阜経済大学 経営学部)

プレー1つ1つの速さや精度が要求される

高田優(岐阜経済大学 経営学部)
Photo:JUFA
高田 優 TAKADA YU 岐阜経済大学 経営学部 2年/GK 所属リーグ:東海大学サッカーリーグ1部 出身校:藤枝明誠高校 プレーの特徴:ムードメイクとコーチング

コーチングライセンスも講義内で取得できる

岐阜経済大学を選んだのは、東海1部という舞台でプレーできることが魅力的であり、自分もスキルアップできると思い選びました。サッカーのことだけではなく、学業の部分においても、教職課程の存在が大きく、サッカーのコーチングライセンスも講義内で取得できる環境が後押ししました。プレーヤーだけでなく、その先のセカンドキャリアを想定した学生生活を送れています。

サッカーだけしていてはダメ

学生主体での部活動運営は、この大学の誇れるところでもあります。また、サッカー以外の部分が良くなるにつれ、サッカーの方の成績も良くなっていていくことがわかり、サッカーだけしていてはダメなんだと自覚することができました。

高田優(岐阜経済大学 経営学部)

つねに全力でプレーすることが1番の近道

自分の目標でも、チームの目標でもあるが、インカレ出場を目指してやっています。私たちにとっては大きな目標ではあるが、少しでも近づけるよう、つねに全力でプレーすることが1番の近道でもあるし、これを課題として、常に高いものを要求してトレーニングしています。

大学サッカーは、アグレッシブかつ連動的

年齢に伴ってずる賢いサッカーをやるのかと思っていたが、大学サッカーは、むしろアグレッシブかつ連動的であると感じました。それとは裏腹に、戦術的にはとてもシンプルで、プレー1つ1つの速さや精度が要求されていると感じました。これらを感じるのに半年くらいかかり、入学当初は少し戸惑いを感じていました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

大学生活や大学サッカーには慣れが必要で、掴んでしまえばこなせるようになるが、その慣れが禁物で、変化や進歩にとって障害になることもあります。『当たり前のこと』をそうだと思わないで何かを感じることを努力する必要があるし、成長するためには大切だと思います。

1日の流れ

  • 7:30 起床
  • 7:30-8:00 朝食
  • 8:00-9:00 電車で登校
  • 9:00-15:00 講義
  • 15:00-17:00 トレーニング
  • 17:00-19:00 電車で帰宅
  • 19:00-0:00 アルバイト
  • 0:00-0:30 入浴
  • 0:30- 就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る