LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
酢崎 祥人(常葉大学浜松キャンパス 健康プロデュース学部)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>酢崎 祥人(常葉大学浜松キャンパス 健康プロデュース学部)

自分のプラスになることばかり

酢崎 祥人
Photo:JUFA
酢崎 祥人 SUZAKI SACHITO 常葉大学浜松キャンパス 健康プロデュース学部 3年/DF,MF 所属リーグ:東海大学サッカーリーグ1部 出身校:青森山田高校

高校の監督に進められて

高校の監督に進められてここの大学に進みました。関東や関西だと自分のレベルが通用しないことや環境や誘惑に負けたくないことなどもあり、東海地区を選びました。他にも、学科などにも惹かれて決めました。

自分のプラスになることばかり

大学の環境に関して、すごく充実していると思います。また指導者も澤登正朗監督(元日本代表)やコーチ陣などにも恵まれていると思います。ですから、つねに高いレベルで意識高く取り組める大学だと思います。実際、入ってみて、自分のプラスになることばかりです。

酢崎 祥人

全国で通用するプレーヤーになること

自分の課題は、課題だらけで一つにしぼれません。サッカーをより理解すること、判断の早さ、ポジショニング、この3つを全国で通用すること、そして全国でもトップレベルでできるようにすることです。目標は、個人としては全国で通用するプレーヤーになること。チームでは、全国優勝を目標に頑張りたいと思います。

サッカーだけでなく、人間性の向上がすごく大切

フィジカル面や技術面やスピードなどは、高校サッカーとは違って当たり前だと感じています。また人間性や考える思考などの点も大学と高校では差があると思います。何に対しても考えてやらなければ、すぐに試合にすら出られなくなると感じましたし、そういう面で人間性の向上がすごく大切だと気づきました。サッカー面や社会に出ていくだけでなく、生きていく上でも本当に大切だと感じました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

自分は全国優勝ができなかったです。そのため、大学でまた挑戦したいと思ってます。今の高校生は、技術面ではすごく上手いと思うけど、サッカーの理解や考えやメンタル面などがすごく低く感じます。自分の意志を持っている人が少なくなっている気がします。他人の目を恐れずに行動できる人間性、ぶれない気持ちをもった人間になっていってほしいと思います。

1日の流れ

  • 7:30 起床
  • 7:30-9:00 朝ごはん、支度
  • 9:00-16:00 授業
  • 16:00-20:30 練習・自主トレ
  • 20:30-21:30 夕食、筋トレ
  • 21:30-22:00 入浴
  • 22:00-23:00 洗濯
  • 23:00- 就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る