LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
戸高 大記(静岡大学 人文社会科学部)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>戸高 大記(静岡大学 人文社会科学部)

限られた環境の中で、一人ひとりが考えながら取り組んでいる

戸高 大記
Photo:JUFA
戸高 大記 TODAKA DAIKI 静岡大学 人文社会科学部 3年/DF 所属リーグ:東海大学サッカーリーグ1部 出身校:諫早高校

自分のサッカーのレベルに合った大学を選ぶ

興味のある勉強ができて、人工芝を持つ国立大学を候補に進学を考えた際、自分のサッカーのレベルに合ったのが静岡大学でしたので進学を決めました。

限られた環境だからこそ、一人ひとりがしっかりと考えを持っている

私立のような整った施設はなく、また、指導者もいたりいなかったりするため、他大学よりも劣る部分も多いと思います。
ですが、そのような環境下だからこそ選手一人ひとりがしっかりと考えを持ち、練習を行っています。

戸高 大記

今年からサイドバックにコンバート

今の課題は守備とフィジカルだと思っています。今年からサイドハーフからサイドバックにコンバートされました。今まで以上に守備能力が求められるポジションなので、リーグでは相手をしっかりと抑えられるようにしたいです。

大学は圧倒的にフィジカルが高校と違う

高校と大学で圧倒的に違うところはフィジカルです。入学当初、高校では感じられなかったボディコンタクトの強さを感じました。
またボールも高校の時とは全く違うので、慣れるのに時間がかかりました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

私の高校では選手権までできなかったので、選手権までやりたかったなというのが正直な気持ちです。現役高校サッカープレイヤーの方々のほとんどは選手権までするのが当たり前ですが、そうでない私のような境遇にある方々もぜひとも選手権まで頑張ってほしいです。

1日の流れ

  • 8:00起床
  • 8:30-9:00朝食
  • 9:00-16:00授業・講義
  • 16:00-19:00練習
  • 19:00-20:00入浴
  • 20:00-21:30夕食
  • 21:30-23:00自由時間
  • 23:00-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る