LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
高瀬凌平(国士舘大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>高瀬凌平(国士舘大学)

多くのアスリートが周囲にいるのでたくさんの刺激をもらえる

高瀬凌平
Photo:JUFA
高瀬凌平 TAKASE RYOHEI 国士舘大学 体育学部 2年/GK 所属リーグ:関東大学リーグ1部 出身校:富岡高校 プレーの特徴:集中を切らさず守り抜くこと

学校生活では多くのアスリートが周りにいる

この大学を選んだ理由は、関東リーグというレベルの高いサッカーをしたかったことと保健体育科の免許が取れる体育学科があるからです。
学校生活では多くのアスリートが周りにいるので、いろいろな話を聞いていい刺激を受けています。
また、サッカーでもレベル高い選手が多くいて仲間と切磋琢磨しながら楽しくサッカーができています。他の大学とは違いスタッフが多いので、指導面も充実しているのも魅力です。

大学入学後、フィジカル強化に力を入れる

大学に入り、筋トレや俊敏性を鍛えるためにステップ系のトレーニングをするなどフィジカル面に力を入れました。
大学は高校と違い、シュートの威力や精度が高いので、それに対応できるフィジカルを身に着けています。

いつ試合に出てもベストパフォーマンスを発揮できるように準備したい

今年に入って、怪我が多く思うようにサッカーをすることができていません。
自分の体と向き合えず、私生活の時間でも体のケアを怠っていたからだと思います。
なので、ストレッチやアイシングを欠かさずやることや筋トレに力を入れるようにしています。いつ試合に出てもベストパフォーマンスを発揮できるように準備することが課題です。

大学サッカーは運営はほぼ学生が仕切って行う

リーグ戦やカップ戦の運営はほぼ学生が仕切ってやっています。
一方、高校サッカーは各大会の運営担当者の大人がいるが、大学サッカーは学生連盟が中心となって行っています。
リーグ戦では前期と後期に一度ずつ各チームで集中応援があり、たくさんの人に応援してもらえる機会もあります。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校サッカーの思い出はインターハイに出場したこととプリンスリーグで優勝できなかったことです。
インターハイでは決勝で負けて悔しい思いをしました。
プリンスリーグでは優勝して、後輩たちには高校最高峰のプレミアリーグで戦わせてあげたかったです。

これから始まる選手権では高校サッカーの集大成でもあるので、部員全員で一つの目標に向かって頑張ってほしいです。残り少ない高校サッカー生活を悔いのないように過ごしてもらえればと思います。

高瀬凌平

1日の流れ

  • 7:45起床
  • 7:45-8:15朝食・準備
  • 8:15-8:45自転車で学校へ
  • 8:45-15:30授業・講義
  • 15:30-18:30自由時間・筋トレ
  • 18:30-20:30練習
  • 20:45-21:15夕食
  • 21:45-22:15風呂・ストレッチ
  • 22:15-22:45点呼
  • 23:00-23:30自由時間
  • 23:45-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る