LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
渡邊和馬(愛知学院大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>渡邊和馬(愛知学院大学)

高校時代の雪辱を晴らすため愛知県内でサッカーの強い大学を選んだ

渡邊和馬
Photo:JUFA
渡邊和馬 WATANABE KAZUMA 愛知学院大学 心身科学部 3年/MF 所属リーグ:東海大学サッカーリーグ1部 出身校:愛知高校 プレーの特徴:スピードに乗ったドリブルと得点感覚

2つの理由から進学を決意

高校時代の雪辱を晴らすため愛知県内でサッカーの強い大学を探して、練習参加をさせてもらいました。自分のプレースタイルにマッチしており、サッカーをするための環境も整っていたのでここでサッカーがしたいと思いました。
また、自分のもう一つの目標とする教員免許の取得もできるので、愛知学院大学に進学しました。

全国の名だたる高校からメンバーが集まる

実際に大学に入ってみて思ったことは、インカレや総理大臣杯といった全国大会に出場するチームのため、全国の名だたる高校から集まったメンバーばかりで圧倒されました。
愛知学院大学は、交通の便も良く、学内も広くて筋トレ室や芝のグランドといった設備が整う良い環境です。

渡邊和馬

ゴール・アシストで結果を残したい

プレーの質をさらに上げることと守備面が課題です。
判断スピードを上げ、ミスを少なくし攻守の切り替えを早くしたいです。自分はまだ体が細いので、フィジカル面の強化も意識していきたいです。
目標は相手にとって脅威になる怖い選手となり、ゴール・アシストで結果を残したいです。

プレーの質とスピード感の違いが高校と違う

僕が大学サッカーで感じたことは、プレーの質とスピード感の違いが高校サッカーとは違うということです。
身体的な速さだけでなく、パスやプレー判断のスピードに慣れるのに時間がかかりました。
また、ひとつひとつの「止める」「蹴る」といったプレーが正確で質が高いとも感じました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代は全国大会に出場することができず、すごく悔いが残りました。
最後の試合も豪雨の中で相手のチームグランドで行い、自分達は何もできなかったことを思い出すと悔しい思いでいっぱいです。
今の高校生には日々の練習を貪欲に取り組み、常に上を目指す気持ちを持ってチームワーク良く戦ってほしいです。

1日の流れ

  • 6:00起床
  • 7:00朝食
  • 7:30準備
  • 8:15車で大学へ通学
  • 9:30授業・講義
  • 17:00練習
  • 19:30車で帰宅
  • 20:30夕食
  • 21:30自由時間
  • 22:30就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る