LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
田畠太一(名古屋学院大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>田畠太一(名古屋学院大学)

スポーツや健康について専門的に学ぶことができる

田畠太一
Photo:JUFA
田畠太一 TABATA TAICHI 名古屋経済大学 スポーツ健康学部 1年/MF 所属リーグ:東海大学サッカーリーグ 出身校:富山第一高校 プレーの特徴:右足のキック

様々な縁で今の大学を知った

小学生時代からのチームメイトだった先輩が通っており、また高校のコーチにも勧められたり、監督からも声をかけて頂いたりして名古屋学院大学のことを知りました。
東海2部リーグで上位争いをし、1年生から試合に関わっていけると聞いたことなどがこの大学を選んだ理由です。
また、スポーツ健康学部があり、スポーツや健康について専門的に学ぶことができることも理由の一つです。

部活の時間は基本的に朝

実際に入ってみて、東海2部リーグの前期は全試合にフル出場させて頂き、試合経験をたくさんできました。
名古屋学院大学は基本的に朝に部活を行うので、学校が終わると時間があるので、自分の趣味などに時間を使うことが出来ます。

アシストもゴールも決められる選手になりたい

自分の課題は「チームの攻撃の起点となってラストパスの精度を上げること」また、「ゴールという結果でチームに貢献すること」です。
アシストもゴールも決められる選手となって、全国で自分のプレーの違いを示すことが目標です。

大学サッカーと高校サッカーで実感した違いはスピード

大学サッカーと高校サッカーで実感した違いはスピードです。
瞬発力や判断、ドリブル、パスのスピードが高校生と大学生でここまで差があるのだと驚かされました。
試合では個人技のスピードだけで、試合展開を180度変えてくる選手と戦える経験が出来ました。高校時代には経験できなかったこのスピードを4年間で自分でも身に付けたいです。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代は全国優勝を目標にサッカーを1番に考え努力してきました。全国高校選手権大会ではベスト8で負けてしまい、目標の全国優勝ができず悔しい思いもありましたが、3年間辛い時も上手く行かない時も切磋琢磨して頑張ってきた最高の仲間で出した結果なので、後悔はありません。
また、サッカーができる環境はスタッフや家族の支えがあったからだと思っています。現役高校生の皆さんは多くの方々への感謝の気持ちを忘れず、後悔のない高校サッカー生活を送ってください。

田畠太一

1日の流れ

  • 5:45起床
  • 5:45-6:15朝食
  • 6:15-6:30車で大学へ
  • 6:30-7:00部活の準備
  • 7:00-8:30トレーニング
  • 8:30-9:00自主練
  • 9:00-12:15授業
  • 12:15-13:15昼食
  • 13:15-16:15授業
  • 16:15-16:30車で帰宅
  • 16:30-16:45車で帰宅
  • 16:45-21:30アルバイト
  • 21:30-22:00夕食
  • 22:00-22:30洗濯物や次の日の準備
  • 22:30-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る