LIFEライフ 進路

最前線でサッカーを取材し続ける サッカー番組制作のスペシャリスト

無断転載禁止 最前線でサッカーを取材し続ける サッカー番組制作のスペシャリスト

最前線でサッカーを取材し続けるサッカー番組制作のスペシャリスト

――現在の業務内容を 教えてください

サッカー取材漬けの1年

「今年7月までは『NEWS ZERO』や『Going! Sports &News』のスポーツニュース制作を担当していましたが、現在はJリーグ中継やボクシング中継などの中継ディレクターをやっています。入社2年目からサッカー班のディレクターになり、Jリーグや日本代表戦など、サッカーの試合の取材と映像編集をしています。年末には日本テレビ系列で中継しているクラブワールドカップや全国高等学校サッカー選手権大会の取材もしていて、『涙のロッカールーム』の撮影もします。他のスポーツも担当していますが、年間を通じてサッカーにかかわることが多いですね。今年はブラジルW杯がありましたので、日本代表の指宿キャンプからブラジルでの試合まですべて帯同し、1カ月半ぐらい取材しました」
――今の職業を選んだ理由、きっかけは?

サッカーにかかわる仕事がしたかった

「小学生の頃からサッカーをやっていたんですが、プレーヤーとしてやっていくのは難しいだろうな、と中学生ぐらいから考え始め、一方でサッカーにかかわる仕事をやりたいな、と思う中、高校生ぐらいからマスコミ業界に興味を持ち始めました。そして高校2年生の時に日韓ワールドカップがあり、それを見た時に、この場所に何らかの形でかかわりたいな、と強く思いました」
――取材した相手から聞いた、印象的な言葉などはありますか?

キング・カズのサッカー愛

「カズさん(三浦知良/横浜FC)を取材させてもらうことが多いんですが、カズさんのサ ッカーにかける思いってものすごく強いんですよ。現役を続ける理由として『サッカーへの情熱が消えない限りはプレーし続ける』とおっしゃっていたんですが、これは私自身が仕事で行き詰まり、投げ出したくなった時に、サッカーが好きだからこの仕事を始めたんだ、という原点に立ち帰らせてくれる言葉です」
――今の仕事に就くために、どんな努力をしてきましたか?

武器を作るために外語大進学

「大学に進学する際は、ただ漠然と進路を選ぶのではなく、武器になるものを身に着けたいと思っていました。外国語大学に進学してスペイン語を学んだのはそのためです」
――高校時代、サッカー以外で意識していたことはありますか?

“サッカー馬鹿”は回避

「いわゆる“サッカー馬鹿”にはならないようにしないと、とは思っていましたね。サッカ ーだけをやっていると、プレーヤーとしてのキャリアが終わった時に何も残らなくなってしまう。サッカーにかかわっていきたいと思 っていたので、いざチャンスがあった時にそれをしっかりつかめるように勉強しておかないと、と思っていました」
――今後、サッカー界にどのようにかかわり、貢献していきたいですか

黒子をリスペクトできる番組を

「サッカーって、どうしてもゴールを決める選手に光が当たりがちになるんですが、その選手を支える存在もいるわけなので、そういった普段、黒子に徹している人たちをリスペクトするような取材をして、彼らにスポットライトを当てる番組を作りたいですね」
――高校生へのメッセージをお願いします

サッカーに全力を!

「高校サッカーは高校時代しかできないものなので、今しかできないサッカーに全力を注いでほしいですね。一つのことに本気になって打ち込むという姿勢は、大人になってからも重要だと思いますので」

ある日のスケジュール

ある日のスケジュール
「自分だからこそ、この言葉や表情を引き出すことができた、自分だからこそ、この映像を撮影できたなど、『自分だからこそ』の取材、編集、放送ができた時は大きな喜びを感じます。取材や放送について、世間の反響が大きかった時もうれしいですね」

喜びの1ページ

メッシに直接インタビュー!

「ニュースを制作する場合は、その時、最も話題性のある、旬な存在の最前線に行くことができますし、選手に最も近い位置で取材できるのが魅力です。今までで最も印象に残っているのは、2010年10月に日本代表が国立競技場でアルゼンチンと親善試合をした時、目の前にリオネル・メッシがいる、という状況を味わったことです。大学でスペイン語を勉強していたので、メッシにスペイン語で話しかけてみるという経験もさせてもらいました。2011年のクラブW杯でバルセロナが来日した時にもメッシと話をしました。そういった取材は楽しかったですし、私の中で自慢できる経験ですね」
伊村幸多朗
伊村幸多朗さん KOTARO IMURA 株式会社日テレアックスオン スポーツセンター スポーツ1部 ディレクター
1985年4月15日生まれ。東京外国語大学外国語学部スペイン語専攻を卒業後、2010年に日テレアックスオンに入社。今年7月からはスポーツ中継の担当となり、中継ディレクターとしての業務を行っている。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る