LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
杉田真彦(順天堂大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>杉田真彦(順天堂大学)

大学サッカーは非常にレベルの高い環境に身を置くことができる

杉田真彦(順天堂大学 スポーツ健康科学部)
Photo:JUFA
杉田真彦 SUGITA MASAHIKO 順天堂大学 スポーツ健康科学部 3年/MF 所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部 出身校:静岡西高校 プレーの特徴:豊富な運動量と安定したプレーでチームに貢献する。

「プロになりたい」と思い入学を決めた

大学を選んだ理由は、高校の監督が順大出身というのと、小さいころから憧れていた長谷川竜也君などの有名選手が多くいて、「一緒に試合に出たい」「プロになりたい」と思い、入学を決めました。実際に入学して、正直なところ周りとのレベルの差に驚き、はじめはサッカーを続けられるかも不安でした。順大の自慢できるところは、非常に充実したトレーニングルームやサッカーに打ち込める最高の環境があることです。また、ほかの部活にも日本トップクラスのアスリートがいるので、彼らにいろいろなことが聞けます。

自分には何が足りないのか考えるところからのスタート

大学に入ってまず、「自分には何が足りないのか」「周りに勝てるところは何か」を考えることから始めました。また、上手な先輩たちのプレーを見て真似したりしてました。勉強ではスポーツに関する授業が多く、筋肉や食の取り方などを真剣に学びました。

プロで活躍するために結果を残したい

今の課題は、プレーにずば抜けた特徴がないので、自分の強いところをさらに伸ばすことと、怪我が多く常にいいコンディションで試合に臨めていないので、怪我をしない体つくりをしなければいけないことです。今後の目標は、怪我をしないことと、プロで活躍するために関東リーグやインカレなどで結果を残すことです。

非常にレベルの高い環境に身を置くことができる大学サッカー

高校サッカーでは、地元の子から推薦で入ってサッカーをやっている子までさまざまなレベルの子がいましたが、大学サッカーでは、各県を代表する選手がたくさんいて非常にレベルの高い中でサッカーができます。また、大学では、日頃の授業から体つくりのことであったり、運動の仕組みなどのサッカーに関連する知識をたくさん学ぶことができ、活用することができます。

常に成長できるようにサッカーを頑張ってください!

高校時代の思い出は毎日とにかく楽しくサッカーをやっていた日々です。やり残したことはただサッカーをやる日々を送るのではなく、常にうまくなるために何が必要かを考えながらサッカーをやっていればと思います。高校サッカーは注目度が非常に高いです。そこで結果を残すためにも、日々の練習から、常に成長できるように考えながらサッカーを頑張ってください!

1日の流れ

  • 6:30起床
  • 7:00-7:30朝食
  • 8:00-8:30ぼーっとしたり学校の準備をしたりする
  • 8:45-9:00登校
  • 9:00-16:15授業・講義
  • 16:15-19:00練習準備・練習
  • 19:00-19:30自主練
  • 19:30-20:30夕飯
  • 20:30-21:30学校の課題
  • 21:30-23:30自由時間
  • 23:30-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る