LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
岩本雄喜(名古屋産業大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>岩本雄喜(名古屋産業大学)

大学サッカーでは、自分の頭を使ってプレーすることが求められる

岩本雄喜(名古屋産業大学 環境情報ビジネス学部)
Photo:JUFA
岩本雄喜 YUKI IWAMOTO 名古屋産業大学 環境情報ビジネス学部 2年/FW 所属リーグ:東海リーグ2部 出身校:四日市中央工業高校 プレーの特徴:高い得点能力

自分達で歴史を作りたい

中学のときのコーチに「ここの大学いいよ」とすすめられたのが名古屋産業大学でした。他にも、学習の環境という面でもとても良かったので名古屋産業大学への進学を決めました。歴史が浅い大学なので、自分達で歴史を作れるようにと思いました。

学生と監督やコーチ、スタッフとの距離が近いのが自慢

人数がそんなに多くない部活なので、学生と監督やコーチ、スタッフとの距離感も近く、とても親身になってくれます。そんなに困ることは多くないのが自慢です。みんな仲が良く、サッカーの間は厳しく、サッカーが終われば楽しくできています。

自分が点を決める選手になる

自分の今の課題はシュートです。前まではシュートにいけるところでもパスを選択してしまったり、シュートを打っても外してしまったりしていました。それでは勝てないとわかったので、今年は貪欲に点をとりにいき、自分が試合を決める気持ちでいきます。目標としては、まず東海1部に上がること。後期は昇格できるように自分が点を決める選手になる。

自分の頭を使ってプレーすることが求められる大学サッカー

大学サッカーと高校サッカーで感じた違いは、展開が速いことです。速いから攻守の切り替えが重要になると思います。チームでも攻守の切り替え、球際、ヘディングのところは一番求められています。大学サッカーでは、自分の頭を使ってプレーすることがとても求められると思います。

後悔しないために精一杯頑張って上を目指してほしい

高校時代は毎日のサッカーが充実しており、最高な仲間ともめぐりあえて、三年間充実していましたが、もっと自主練習の時間を増やしておけばよかったと思います。今の現役高校サッカープレイヤーには、後悔しないために精一杯頑張って、1日1日を大切にして、上を目指してほしい。

1日の流れ

  • 7:45-8:30起床
  • 8:30-9:00準備
  • 9:00-16:30授業・講義
  • 16:30-19:00練習
  • 19:00-20:00自主練
  • 20:00-21:00夕食
  • 21:30-1:30チームメイトと過ごす時間
  • 1:30-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る