LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
花房 稔(国士舘大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>花房 稔(国士舘大学)

大学サッカーではオンとオフの切り替えが大事

花房 稔(国士舘大学 体育学部)
Photo:JUFA
花房 稔 MINORU HANAFUSA 国士舘大学 体育学部 2年/CB 所属リーグ:関東リーグ 出身校:國學院久我山高校 プレーの特徴:守備での1対1

精神的に強くなれる大学サッカー

私が国士舘大学に入った理由は一番初めに声をかけてくださったことと、関東一部でサッカーができるからです。勉強面では、高校で文武両道を指導されてきたので苦労はありません。ですが、サッカー面では思い通りにいかず、今はとても苦労しています。この大学に入ってよかったところは精神的に強くなれるところです。寮での生活で礼儀や、仲間への思いやりを学びました。また、学校とサッカーグラウンドが近くサッカーに打ち込める環境が整っていることもこの大学の魅力です。

大学に入ってからウェイトトレーニングを始めた

大学に入ってからウェイトトレーニングをやり始めました。週一回高校の時にお世話になったフィジカルコーチのところに行ったり、時間がないときは学校のトレーニングジムに通うようにしています。

花房稔

怪我をしない体作りは非常に大切

大学に入ってから、半分以上は怪我をしていてサッカーをしていません。だから怪我をしない体作りは非常に大切だと日々感じています。そのため、毎回のストレッチ、筋トレ、アップからダウンまで手を抜かずに取り組んでいます。私の課題はこの小さな取り組みを続けることです。

大学サッカーではオンとオフの切り替えが大事

高校サッカーにはないこと、それはリーグ戦の結果次第で全国大会に行けるかどうかが決まることです。高校ではどの大会でもトーナメントで全国大会への切符が決まります。そういう意味では毎回の試合で継続的に良いパフォーマンスをする必要があります。そういう面でオンとオフの切り替えが大事になってくるのが大学サッカーだと思います。

最高の仲間とともに最高の経験をしてほしい

私が高校時代にやり残したことは全国大会で優勝することです。インターハイも選手権もベスト16で終わってしまいとても悔しい思いをしました。ですが、舞台が大きくなればなるほど、高校サッカーは私にとって特別で最高な時間でした。だから後輩達には、真剣にサッカーに向き合って最高の仲間とともに最高の経験をしてほしいです。

花房稔

1日の流れ

  • 7:30-8:00起床
  • 8:00-8:30朝食・準備
  • 8:30-9:00スクールバスで大学へ
  • 9:00-19:00授業・講義
  • 19:00-21:00練習
  • 21:00-22:00夕食・風呂
  • 22:00-23:00ストレッチ
  • 23:00-0:00自由時間
  • 0:00-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る