LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
関戸裕希(日本体育大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>関戸裕希(日本体育大学)

試合中に頭を多く使う大学サッカーは迫力がある

関戸裕希(日本体育大学 体育学部)
Photo:JUFA
関戸裕希 HIROKI SEKIDO 日本体育大学 体育学部 2年/FW 所属リーグ:関東1部リーグ 出身校:前橋育英高校 プレーの特徴:ボールを失わないこと

レベルの高い関東大学サッカーリーグでプレイしたかった

関東大学サッカーリーグのレベルが高いことは知っていて、そのリーグでプレーしたいと思ったのでこの大学を選びました。入ってみてチーム内の競争が激しく、色々な面で刺激を受けることが多いです。リーグの方も1部に上がり、より高いレベルでサッカーが出来ています。

自主練習に真剣に取り組む

大学に入ってからより真剣に自主練習に取り組みました。高校の頃からやっていましたが、やはり練習だけでは出来ない部分がたくさんあると思うからです。

毎試合スタメンで試合に出たい

自分の課題は、試合中や練習の中で簡単なミスを1つでも減らすことです。ミスをするとチームの攻撃のリズムなどが崩れてしまうからです。目標はまずは、チームでの競争で勝って、毎試合スタメンで試合に出ることです。

大学サッカーは迫力がある

高校サッカーでは、監督やコーチが全部教えてくれました。サッカー面や生活面などについて、悪いことは悪いと言われて来ましたが、大学サッカーでは自分で考えることが多くなり、試合中に頭を多く使うようになりました。そして高校よりも迫力があると思います。

たくさんの刺激があり成長できる

高校時代の思い出は、全国で決勝まで行けたことですが、決勝で出場出来なかったので、そこはやり残したことだと思います。高校では嫌なことや辛いことが沢山あると思いますが、やらないと後悔すると思うので頑張って欲しいと思います。

関戸裕希

1日の流れ

  • 6:30-7:00起床
  • 7:00-8:00朝食
  • 8:00-9:00通学
  • 9:00-16:15授業
  • 16:15-18:30練習
  • 18:30-20:30自主練習
  • 20:30-21:00夕食
  • 21:00-23:00自由時間
  • 23:00-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る