LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
下田悠哉(専修大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>下田悠哉(専修大学)

ユースよりも、競争率という面で大学の方が充実してる

下田悠哉
Photo:JUFA
下田悠哉 SHIMODA YUYA 専修大学 法学部 3年/FW 所属リーグ:関東大学リーグ1部 出身校:都立鷺宮高校(三菱養和SCユース) プレーの特徴:得点感覚、裏の抜け出し、相手を引きずるドリブル

自分次第で大きく成長できる環境にある

高校生の時はプロ志望が強く、大学でサッカーするということは考えていませんでしたが、「大学でさらに力をつけてプロになりたい」と思い、当時関東で4連覇していた専修大学に進学することを決めました。長澤和輝さん(現:浦和レッズ)が、専大から直接ドイツのFCケルンでプロになったことも魅力の一つでした。
専大は日々良いトレーニングをしていると思うし、自分次第で大きく成長できる環境にあると思います。

自分を理解し、目標に向かってぶれずに日々を過ごす

自分の長所を伸ばすために自分を理解し、目標に向かってぶれずに日々を過ごすということを意識しています。
FWなのでワンチャンスでゴールを決めきる能力を伸ばし、得点パターンを増やすことに取り組んでいます。

下田悠哉

多くのスカウトの目に留まるよう、周りとの差を出せるようにしていきたい

後期までに怪我を治し、復帰した時に良い状態でピッチに立てるようにしたいです。そして、多くのJリーグのスカウトの方の目に留まるよう、周りとの差を出せるようにしていきたいです。
目標は、自分の中でクオリティを上げて、プロの世界で通用する力を大学生のうちに身につけることです。

大学では、自分にあった生活リズムで活動できる

サッカー面で言えば自分はユース出身なので選手の枠もある程度決まっていたので、競争率という面で大学の方が充実してるんじゃないかなと思います。
日常生活は高校生の時と違って、自分で講義のカリキュラムを決めたりして自分にあった生活リズムで活動できます。

もっとやっておけば良かったと後悔しないでほしい

クラブユースU-18選手権で優勝できたことは良い思い出ですが、思い出にすぎないなという感じです。
高校生はとにかくサッカー選手として一番伸びる時期だと思うので、とにかく練習して自分のレベルアップを図ってほしいです。もっとやっておけば良かったと後悔しないでください。

下田悠哉

1日の流れ

  • 6:00起床
  • 6:00-7:00自主練
  • 7:00-8:30練習
  • 8:30-9:00朝食
  • 9:00-16:00授業
  • 17:00-19:00フィジカル・体幹トレーニング
  • 19:00-20:00夕食
  • 20:00-20:30自由時間
  • 20:30-21:00風呂
  • 21:00-22:30自由時間
  • 22:30-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る