LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
原岡 翼(流通経済大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>原岡 翼(流通経済大学)

流経大はサッカーをする環境がすべてにおいてハイレベル

原岡 翼
Photo:JUFA
原岡 翼 HARAOKA TSUBASA 流通経済大学 経済学部 2年/FW、MF 所属リーグ:関東大学リーグ1部 出身校:大津高等学校 プレーの特徴:サイドでの力強いドリブル突破とゴールへの嗅覚

4年間力をつけてプロになろうと決めた

家庭の経済面が厳しいこともあり、当初は高卒でプロに行くことを志望していました。ですが、選手権の全国舞台で活躍することができず、プロの練習に参加はしたものの、実力が足りずにプロの道は断念し、声をかけてくれた流経大で4年間力をつけてプロになろうと決めました。
この大学は、サッカーをする上でとても環境に恵まれています。整備された人工芝のグラウンドやトレーニングルーム、道具などすべてにおいてハイレベルだと思います。また、レベルの高い向上心を持った仲間や素晴らしい経歴・経験・知識を持った指導者にも恵まれています。

上手くいかない時こそ、腐らずに自主練

大学では、試合に出られない時や上手くいかない時こそ、腐らずにとにかく自主練をするようにしています。これは高校の時からやっていて、ムシャクシャしたりモヤモヤする時は夜でも1人でグラウンドに行って、自分の課題に取り組んだり近所を満足するまで走ったりして、自分を追い込んでいます。
また、勉強面では、サッカーに活きそうな授業は、より集中して受けるようにしています。

原岡 翼

卒業後は日本を代表にする選手になりたい

流経大では守備をとても求められます。今まで手を抜いていた分、2年目から苦労している部分でもあり、アジリティ-の強化をしなければならないと思っています。
攻撃の部分では動き続ける運動量と、固い試合になればなるほど、個人で2、3人を相手にする力が必要になってくるので、そういう面を伸ばしたいと思っています。
目標はやはり卒業するまでに一つでも多くのタイトルを獲って、日本を代表にする選手になりたいと思っています。

大学と高校の違いは球際の強さ

関東リーグを実際に経験して、高校サッカーとの違いを一番感じたのは、球際の強さでした。恐らく誰もが関東はバチバチしているという印象を持っていると思いますが、やはりその部分が一番大きいと思います。
サッカー外の面では食事に気を遣っている人が多いです。独自に栄養の勉強をしたりする姿勢は自分も見習っています。

大舞台で活躍できる度胸と自信をつけてほしい

高校時代の一番の後悔は、最後の選手権の舞台で緊張や固さから何もできなかったことです。
大舞台で失敗することにビビってしまい、すぐパスに逃げたり、人任せになってしまい、自分がやってきたことを何一つとして出せずに高校サッカーは幕を閉じてしまいました。
現役の高校生に伝えたいことは、大舞台で活躍できる度胸と自信をつけてほしいということです。そのためは、とにかく練習の積み重ねが大事です。どれだけ自分に意識を向けて、どれだけ自分と向き合って課題に取り組めるかだと思います。
上手くなるためには、練習しかないと思います。やれることはもうないって思うくらいまで日々を大切に過ごしてください。

原岡 翼

1日の流れ

  • 6:30起床
  • 6:30-7:15朝食
  • 7:15-8:00準備
  • 8:00-8:30自転車で学校へ
  • 8:30-12:00授業
  • 12:00-12:30昼食
  • 12:30-15:30授業
  • 16:00-18:30トレーニング・自主練
  • 19:45-20:15筋トレ・体幹
  • 20:45-21:00入浴後のストレッチ
  • 21:00-23:15自由時間
  • 23:15-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る