LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
渡邊 龍(日本体育大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>渡邊 龍(日本体育大学)

高校までは感覚的にプレーをしていたが、大学に来て考えてサッカーをするように

渡邊 龍
Photo:JUFA
渡邊 龍 WATANABE RYO 日本体育大学 体育学部 3年/MF 所属リーグ:関東大学リーグ1部 出身校:日出高校(FC東京U-18) プレーの特徴:ドリブラー

関東大学リーグというレベルの高いステージでプレーをしたかった

日体大を選んだ理由は関東大学リーグというレベルの高いステージでプレーをしたかったからです。日体大に通っているユースチームの頃の先輩に、「良い環境でサッカーに取り組める」と伺ったのも理由の一つです。
実際に入ってみて、鈴木(政一)監督の元でサッカーの知識を学びながら高いレベルでサッカーに取り組めています。良い環境で日々サッカーに集中して打ち込めているところが自慢です。

大学に来て、考えてサッカーをすることを心がけるように

僕はサッカーの知識があまりなく、高校までは感覚的に動いてプレーをしていたのですが、大学に来て鈴木監督の指導を受けたことで、考えてサッカーをすることを心がけるようになりました。
また、筋力トレーニングを大学から始め、自分のプレースタイルに合わせて行っています。食事面では、栄養に気を付けて食事を摂るようにしています。

渡邊 龍

ドリブルで抜くだけでなく、点を取ったり中盤でも存在感のあるプレーを

得意のドリブルで抜くだけではなくてゴールを決めるためのドリブルをして点を取ることが課題です。
中盤での組み立てでも存在感のあるプレーをし、その中でもミスをせずにプレーをすることも課題としています。

サッカーに集中することができる全ての環境が揃っているのが大学サッカーの魅力

大学では自分の時間が多いので、サッカーを生活の中心において考えることができます。
サッカーに集中することができる全ての環境が揃っているのが大学サッカーの魅力だと思います。

ベンチスタートが多く、スタメンで試合に出るのは厳しいと諦めてしまったことを後悔している

ユース時代はスタメンではなくベンチスタートが多く悔しい思いをしたことが思い出です。周りのレベルが高く、このメンバーではスタメンで試合に出るのは厳しいと諦めてしまったことを後悔しています。そこで食いついてアピールし、スタメンを勝ち取ってやるというくらいの気持ちで取り組んでいたら良かったと思います。
大学サッカーはユースの時とは違ったサッカーへの考え方や取り組みができるので、是非大学でもサッカーを続けてほしいです。

1日の流れ

  • 8:00-8:30起床・朝食
  • 9:00-14:15授業
  • 16:30-18:30練習
  • 18:30-20:00自主トレ
  • 20:30-21:30夕飯
  • 21:30-0:00自由時間
  • 0:00-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る