LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
小田島 怜(桐蔭横浜大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>小田島 怜(桐蔭横浜大学)

意思疎通ができ攻守共にプレーしやすくなるのでコーチングを意識している

小田島 怜
Photo:JUFA
小田島 怜 ODAJIMA RYO 桐蔭横浜大学 法学部 3年/DF 所属リーグ:関東大学リーグ1部 出身校:日出高校(東京ヴェルディユース) プレーの特徴:正確なパス、後ろからゲームを作る

練習中のプレー速度だったり球際の部分などが高校とは違い、よりうまく強くなれると思った

関東一部のリーグに所属していて、より高いレベルでサッカーをしたかったので桐蔭横浜大学に進学することを決めました。
実際に入ってみて練習中のプレー速度だったり球際の部分などが高校とは違って、よりうまくなれると思ったし強くなれると思いました。

より良い試合をするためにコーチングの部分を意識している

サッカー面ではコーチングの部分を一番意識して取り組んでいます。声をかけることによって意思の疎通ができ、攻めやすくも守りやすくもなります。より良い試合をするためにコーチングの部分を意識しています。
勉学の面では単位をしっかり取るようにしています。早めにしっかり取ることで4年次にプロへの練習参加がより多く可能になると思うからです。

小田島 怜

試合の終盤になると集中力が落ちることがあるので普段から集中力と体力面を特に意識していきたい

今の課題は体力面と集中力の部分だと思います。試合の終盤になると集中力が落ちてくることがあるので普段の練習から集中力と体力面を特に意識していきたいと思っています。
目標はプロのチームになるべく早く多く絡んでいくことです。そのために大学の試合に出続けて結果を出していきたいと思っています。

高校に無く大学にあるものは、圧倒的にフィジカルの部分

高校に無く大学にあるものは、サッカー面では圧倒的にフィジカルの部分だと思います。当たり負けしないために体幹や筋トレが大事になると思っています。
日常生活面では大学の方が自分の時間ができる事が多くなるので、その時間をどう使うかが大事になると思います。

高校時代一番の思い出はプレミアリーグEAST無敗優勝したこと

高校時代一番の思い出はプレミアリーグEAST無敗優勝したことです。滅多にできない経験だったのですごくいい思い出です。
やり残したことは3年次怪我をしてしまったので、ほとんどプレーができなかったことです。その試合の前にしっかりと体幹や補強を行えばよかったと思いました。
高校生の人たちには、プレー中の事も大事ですがプレー以外の部分のことも怠ってはいけないと伝えたいです。

小田島 怜

1日の流れ

  • 5:00-9:30アルバイト
  • 9:30-10:00朝食
  • 10:30-12:00授業
  • 12:00-13:00昼食
  • 13:00-16:00授業
  • 18:00-20:00練習
  • 21:30-22:00夕食
  • 23:30-就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る