LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
落合祥也(慶應義塾大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>落合祥也(慶應義塾大学)

大学は、選手、スタッフのサッカーに対する熱量が高く、素晴らしい環境

落合祥也
Photo:JUFA
落合祥也 OCHIAI SHOYA 慶應義塾大学 商学部 2年/MF 所属リーグ:関東大学リーグ1部 出身校:希望ケ丘高校(横浜FCユース) プレーの特徴:ボールを奪うこと、セカンドボールを拾うこと

サッカーだけではなく学業も高いレベルで取り組みたいと思った

今の大学を選んだ理由は、サッカーだけではなく学業も高いレベルで取り組みたいと思ったからです。また、練習参加をした時、練習に取り組む姿勢、選手同士の意見の言い合いなど学生主体で中身の濃い練習を作りあげていたことに魅力を感じたからです。
実際に入ってみて、選手、スタッフのサッカーに対する熱量が高く、素晴らしい環境だと思いました。

自分で色々な情報を集め、その中から自分に合った筋トレや食事を

ユースの時はあまり、身体作りやコンディション管理を主体的に自分で考えて行動をしていなかったのですが、大学では自分で色々な情報を集め、その中から自分に合った筋トレや食事をするようにしています。

練習から日々意識をして、質を高められるようにしていきたい

課題は自分の長所を1試合通じて、出し続けることです。そのためにも運動量、プレーの強度を上げること。また、頭を常に働かせ、最適なポジショニングを取り、予測を立て続けられるようにしなければいけないと思います。
一朝一夕で身につくものではないので練習から日々意識をして、質を高められるようにしていきたいです。

落合祥也

今の自分にとって何が必要で、何をすべきなのかを考えることは成長のために必要

大学生になると自由な時間が格段に増えます。この自由な時間の使い方が鍵になると思います。
サッカーに費やしたり、勉強したり、リラックスしたりなど今の自分にとって何が必要で、何をすべきなのかを考えることは成長のために必要だと感じています。どれだけの時間を生産性のある時間に変えられるかは自分次第だと思います。

横にいる仲間と本気でサッカーする時間は無限ではない

ユースの仲間と日本一を取れなかったのが心残りです。高校時代は一生に一回きりです。今、横にいる仲間と本気でサッカーする時間は無限ではありません。必ず終わりがあります。
だからこそ、一分一秒に全力を注ぐべきだと思います。仲間との日々を大切にして、心から最高だったと言える高校サッカーを歩んで行ってください。

落合祥也

1日の流れ

  • 5:30起床
  • 5:45-6:15朝食
  • 6:15-6:45準備
  • 6:45-7:30電車で練習へ
  • 7:30-8:00練習の準備
  • 8:00-10:30練習
  • 10:30-11:00自主練
  • 11:00-17:00授業・講義
  • 17:00-17:45電車で自宅へ
  • 17:45-18:30自由時間
  • 18:30-19:00夕食
  • 19:00-19:45自由時間
  • 19:45-20:30勉強
  • 20:30-21:30お風呂・ストレッチ
  • 21:30-22:30自由時間
  • 22:30就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る