LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
北城俊幸(慶應義塾大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>北城俊幸(慶應義塾大学)

体づくりの重要性を改めて感じたことで自分の体と向き合う時間が増えた

北城俊幸
Photo:JUFA
北城俊幸 KITAJO TOSHIYUKI 慶應義塾大学 総合政策学部 2年/DF 所属リーグ:関東大学リーグ1部 出身校:青森山田高校 プレーの特徴:守備の安定感、正確な左足

ピッチ内外において個としても組織としても自律している

僕は文武両道を日本トップレベルで体現していることに魅力を感じて慶應義塾大学を受験しました。実際に入学してピッチ内外において個としても組織としても自律している印象を持ちました。
また、慶應義塾には半学半教という精神があり、日々監督をはじめとするスタッフ、選手が一体となってサッカーを研究しています。

改めて重要性を感じたことで自分の体と向き合う時間が増えた

大学サッカーではフィジカルの違いを痛感したので、トレーナーと体づくりを積極的に行なっています。
アスリートにとって体づくりは基礎ですが、改めて重要性を感じたことで自分の体と向き合う時間が増えました。

大学やプロのレベルで活躍するためには誰にも負けない圧倒的な長所が必要

自分の今の課題は長所を確立することです。環境にも恵まれて高校年代までは順調にアベレージを上げてきましたが、大学サッカーやその先のプロというレベルで活躍するためには誰にも負けない圧倒的な長所が必要だと感じます。
プロを目標としている以上、大学サッカーでも全力を尽くします。

北城俊幸

大学生活は自分に投資するための貴重な4年間

大学サッカーにある、一番のものは自律という部分だと思います。高校の時はある程度敷かれたレールの上を歩くことができますが、大学では自分で今何が必要かを考え続ける必要があります。
生活面も高校に比べると時間や行動の幅が広がるので自律が求められます。僕自身、大学生活は自分に投資するための貴重な4年間であると認識しています。

家族や環境に感謝してサッカーを楽しむこと、仲間を大切にすることが全て

高校時代の思い出は書ききれません。家族や環境に感謝してサッカーを楽しむこと、仲間を大切にすることが全てだと思います。
慶應義塾には小泉信三氏の「果敢なる闘士たれ、潔き敗者たれ」という素晴らしい言葉がありますが、まさにこの言葉通り全力を尽くして気持ちの良い高校生活を送ってください。

北城俊幸

1日の流れ

  • 5:30-6:00起床
  • 6:00-6:30朝食
  • 6:30-7:30準備、移動
  • 7:30-8:00ウォーミングアップ
  • 8:00-10:00トレーニング
  • 10:00-11:00自主練習
  • 11:00-11:30コンディショニング
  • 11:30-12:30電車移動
  • 12:30-13:00昼食
  • 13:00-18:00授業・講義
  • 18:00-19:00電車移動
  • 19:00-20:30ウエイトトレーニング
  • 20:30-21:30夕食
  • 21:30-23:00自由時間
  • 23:00就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る