LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
前田拓海(近畿大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>前田拓海(近畿大学)

英語村やアカデミックシアターなど、より楽しく学べる施設がある

前田拓海
Photo:JUFA
前田拓海 MAEDA TAKUMI 近畿大学 経営学部 4年/FW 所属リーグ:関西1部リーグ 出身校:JFAアカデミー福島、福島県立富岡高等学校 裏への飛び出し

今の大学を選んだ理由

近畿大学を選んだ理由は、大学の充実した環境にあります。豊富な学部棟や、人工芝のサッカーピッチを見ると、ここで学びたいと強く感じました。実際に入学してみると、学部棟だけでなく、英語村やアカデミックシアターなど、学生がより楽しく学ぶことのできる施設がいくつもありました。部活動の環境にも大満足です。

大学に入って取り組んだこと

勉学の面では、経営学部の単位取得に加え、教職課程の単位の取得に挑みました。部活動では、試合に出るために様々な努力をしました。その結果、自分のスタイルを確立することができ、試合にも出られるようになりました。

前田拓海

自分の今の課題・目標

改善したい点は、失敗を恐れてチャレンジできなくなってしまうところです。何をやるにしても失敗しないことを優先するあまり、それなりの結果は出ても、周囲が驚くような結果には繋がりませんでした。今後の目標は、何にでもチャレンジし、多くの失敗をすることです。面白い、楽しそうだと思ったことは、後先考えずにどんどんチャレンジしていきたいです。

高校サッカー(クラブユース)になくて、大学サッカーにあるもの

大学では、授業のカリキュラムを自分で組むため、自ら時間をコントロールすることができます。その結果、高校に比べ自分の時間が増え、その時間を自主練習に当てたり、体のケアに当てたりと、練習以外でもサッカーに費やせる時間が持てるようになりました。計画性を持ち、うまく時間を使うことができれば、高校の3年間よりも、さらに成長することができると思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代は、サッカーの思い出しか浮かびません。とにかく夢中でサッカーに励み、仲間と切磋琢磨した3年間でした。サッカーから人間関係を学び、努力することの大切さ、勝つことの難しさ、他にも数え切れないほど多くのことを学びました。サッカーにすべてを捧げた3年間に、後悔もやり残したこともありません。高校生のみなさんには思いっきりサッカーを楽しんでほしいです。

前田拓海

1日の流れ

  • 06:45起床
  • 07:15-07:45朝食
  • 07:45-08:00準備
  • 08:00-10:15練習
  • 10:15-11:00自主練
  • 11:00-11:30昼食
  • 11:30-13:30自由時間
  • 13:30-18:00授業・講義
  • 18:00-18:30入浴
  • 18:30-19:15夕食
  • 19:15-23:30自由時間
  • 23:30就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る