LIFEライフ 進路

大学サッカーのすゝめ
上田智輝(関西学院大学)

無断転載禁止 大学サッカーのすゝめ<br>上田智輝(関西学院大学)

仲間への想いとか、主体性を感じるようになったのは関学に来てから

上田智輝
Photo:JUFA
上田智輝 UEDA TOMOKI 関西学院大学 人間福祉学部 4年/GK 所属リーグ:関西学生サッカーリーグ 出身校:京都サンガF.C.U-18 (京都翔英高校) 安定感のあるセービング、正確なロングフィードで攻撃の起点にもなれる万能型GK

今の大学を選んだ理由

スポーツ推薦をいただきました。練習参加では、みんな上手くて、この大学なら日本一になれると感じたので選びました。1年目からトップチームに所属させてもらえて、すごくいい経験をすることができました。自慢できる点は、一人ひとりが自ら考え、行動を決定していく主体性を持っているところです。

大学に入って取り組んだこと

やはり一番はサッカーです。周りの選手みんなが上手かったので、ついていくだけで必死でした。少しでも隙を見せてしまえば下の人たちに抜かれてしまうと感じていました。1年生の時は試合に出る機会が少なかったのですが、そこで腐らず来たチャンスをものにしてやろうと思いながら、日々練習に取り組んでいました。

自分の今の課題・目標

自分の今の課題はクロスボールの対応だと思ってます。そこを自主練でもキーパーコーチと取り組んでいました。自分の大学サッカーは終わってしまいましたが、自分自身すごく悔しい終わり方をしてしまったので、サッカーを続けれる場所があるなら、この悔しさを忘れずにやっていきたいです。

上田智輝

高校サッカー(クラブユース)になくて、大学サッカーにあるもの

ユース時代は周囲のスタッフも充実していて環境面も素晴らしかったです。でも仲間の想いとか、主体性などを意識するようになったのは関学に来てからです。大学では、応援してくれるチームメイトのためにも、全部員の代表として戦う責任を感じてプレーしてきました。大学では周囲の大人ではなく、学生が主体となって行動します。「一人ひとりが今なにをするべきなのか」を自分で考えるのが高校サッカーとの大きな違いだと思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

自分は高校時代寮生活だったので、3年間同じチームメイトと過ごせたのはすごく楽しかったし、いい思い出です。でも、1日1日をもっと大事に過ごすべきだったとも思います。一回の練習など、一つのワンプレーを大事に取り組んでほしいですね。「あの時、ああしとけばよかった」と後悔しないように、今出会えてる仲間に感謝する気持ちを大事にしてほしいです。

上田智輝

1日の流れ

  • 07:15起床
  • 08:00-8:30準備
  • 08:30-11:00電車で学校へ
  • 11:00-12:30筋トレ
  • 12:30-13:30昼食
  • 13:30-18:15授業
  • 18:30-21:00練習
  • 21:00-23:30電車で帰宅
  • 23:30-24:15夕食
  • 24:15-25:00自由時間
  • 25:00就寝

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る