NEWS 総体

[中国総体2016]青森山田が米子北に競り勝ち、準決勝へ!

無断転載禁止 [中国総体2016]青森山田が米子北に競り勝ち、準決勝へ!
文・写真/森田将義

総体準々決勝、青森山田が米子北に競り勝ち、準決勝へ!

2016年7月31日12:00 広島広域公園第一球技場

青森山田
(青森)
2-1
米子北
(鳥取)

「山田に“あっぱれ”というしかない試合内容」。試合後、米子北・城市徳之総監督がそう表現したように青森山田の強さが目を惹く一戦だった。

「前半はほぼ何もさせなかったし、うちのゲームだった」と城市総監督が続けたように序盤から試合は自陣からロングボールを多用した米子北のペースで進んでいく。3トップの中央を務めたFW伊藤龍生の競り合いを合図に今大会から抜擢された1年生MF佐野海舟ら2列目が高い位置でセカンドボールを回収。サイド突破から、FKとスローインを奪うなど、パワー溢れる仕掛けで果敢に青森山田のゴールに迫ったが、フィニッシュでの怖さを欠き、歓喜を呼ぶことができない。

青森山田は、試合前に黒田剛監督から「蹴り合いには絶対に付き合うな」と指示を受けていたにも関わらず、米子北の勢いに付き合ってしまい、前半はボールが上空を行き交う試合を強いられてしまったが、ハーフタイムに軌道修正。攻撃を担うアンカーの住永翔と、トップ下に入る高橋壱成、郷家友太のトライアングルが、「繋ぐことを意識できるようになったのが大きかった」(黒田監督)とテンポの速いボール回しを見せることで、主導権を奪い返した。すると、後半19分には高橋が右サイドへと繰り出したスルーパスからDF鍵山健司が鋭いオーバーラップを披露。ゴール前に上げたクロスはDFに当たり、PA中央にこぼれたが、2列目から飛び出した郷家が粘って、後方へ。すかさず反応したFW鳴海彰人が豪快に押し込み試合を動かした。続く15分には中央をドリブルで仕掛けた鳴海が左サイドへとスルーパス。フリーのMF嵯峨理久が冷静に決めて、引き離しに成功。

「2点獲ったまでは良かったけど、その後獲られるのが早すぎた。1点差でラスト15分を迎えたくなかった」と黒田監督が振り返ったように後半28分に1点を返され、終了間際にはパワープレーを受けてしまったが、GK廣末陸を中心とした守備陣がきっちりシャットアウト。チャンスらしいチャンスは得点シーンのみと決して満足のいく試合内容ではなかったが、勝負所をきっちり物にした青森山田が4強入りを掴んだ。

私撰MOMFW 鳴海 彰人(青森山田/3年)

1回戦の中京大中京戦で5得点を奪った決定力の高さをこの日も発揮。勝負所をきっちり仕留める嗅覚はもちろん、力強いドリブル突破で2点目をお膳立てし、全得点に絡んだ。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る