NEWS 総体

[中国総体2016]昨年のリベンジを果たした流経大柏が履正社を破る

無断転載禁止 [中国総体2016]昨年のリベンジを果たした流経大柏が履正社を破る
文・写真/吉田太郎

総体準々決勝、昨年のリベンジを果たした流経大柏が履正社を破る

2016年7月31日12:00 コカ・コーラウエスト広島スタジアム

流通経済大柏
(千葉1)
1-0
履正社
(大阪2)

「千葉県予選からインターハイ準々決勝までの7試合で得点はわずか7。流通経済大柏は今年、高円宮杯プレミアリーグEASTで開幕6連敗を喫するなど、決して順調なシーズンを過ごしてきた訳ではない。今回のインターハイでも県予選初戦から苦しい戦いが続いているが、それでも全7試合無失点の守りが勝ち上がる原動力となっている。

昨年の2回戦で敗れている履正社と対戦したこの日も前半からフルスロットルで相手を追い回した。履正社はボールサイドに寄ってくる流経大柏の逆を取る形でサイドチェンジをして攻めようとしていたが、迫力ある動きを見せた2トップや榎本雅大監督代行が「よく頑張った」と評したMF宮本優太らが繰り出すプレッシングの勢いに圧力を感じたか、なかなか攻撃をスピードアップすることができない。

そして後半開始からFW加藤千尋を投入して前線をフレッシュにし、また攻撃に高さを加えた流経大柏は4分、MF菊地泰智がゴール前まで持ち込んで左足シュート。このこぼれ球をMF本田憲弥が左足で押し込んだ。

今大会は体力を上手く温存しながらの選手起用も功を奏している流経大柏は、先制した後もプレスに衰えが見えない。左SB市川侑麻やCB関大和主将ら苦しい時間帯に頑張りのきく選手の存在も大きかった。そして昨年、履正社には後半終了間際に追いつかれてPK戦で敗れているだけに「(終盤になって)一段階ギア上げた選手もいたし、声出した選手もいる」(宮本)。ピンチもあったが、それを全員で凌いだ。

シーズン序盤の不振から立て直し、4強入り。関は「今までよりもプレスかかっているし、それを70分続けられていると思う。今まで自分たち結果出ていなくてここで結果出したいとみんな思っているし、みんな日本一という気持ちを持っているからできていると思う」。インターハイは70分勝負とは言え、この試合の気温は33.8度。その悪環境の中でも「結果を出したい」という思いで走り続けた流経大柏が1-0で雪辱を果たした。

私撰MOMMF 宮本 優太(流通経済大柏/2年)

コーチ陣が「きょうのMVP」と絶賛したボランチ。ゴール前で相手の攻撃を防いだかと思えば、次の瞬間、最前線まで飛び出すなど持ち味の運動量を存分に発揮した

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る