NEWS 総体

[中国総体2016]夏の栄冠は、市立船橋に!

無断転載禁止 [中国総体2016]夏の栄冠は、市立船橋に!
文・写真/森田将義

総体決勝、市立船橋が9度目の夏の王者に

2016年8月2日 14:00 エディオンスタジアム広島

市立船橋
(千葉2)
1-0
流通経済大柏
(千葉1)

夏の王者をかけた大一番は、市立船橋と流通経済大柏の千葉ダービーに。「どの試合も本気でやらなきゃいけないし、やっぱりやりにくい」と市立船橋・朝岡隆蔵監督が口にしたように勝手を知る者同士の対決とあり、序盤から緊迫した展開が続く。

最初の決定機は流経大柏。11分にMF菊地泰智のパスをPA右で受けたMF加藤千尋が思い切りの良いシュートを狙ったが、枠を捕えることができない。市立船橋も18分にMF西羽拓がPA左をフリーで抜け出し、ゴールを襲ったが、シュートはGK西村紘一に阻まれた。均衡が崩れたのは35+2分。流経大柏の持ち味であるプレスが緩んだ隙を逃さず市立船橋が左サイドを攻略すると、西羽が深い位置までドリブル突破。一度はDFに行く手を拒まれたが、こぼれ球を拾ったMF野本幸太がゴール前に低いクロスを入れると、ニアに走り込んだFW村上弘有が合わせて、ゴールネットを揺らした。

待望の先制弾を奪った市立船橋だったが、「0-0でもう少し試合を進めたかった。前半で1点入って故に、後半のゲームプランが少し崩れてしまった」(朝岡監督)。後半に入ってからは自陣から前線に入れるロングボールを合図に次々と選手が飛び出す厚みのある攻撃を仕掛けた流経大柏の勢いに飲み込まれてしまう。加えて、セットプレーと後半途中から入ったMF宮坂昴輝のロングスローも猛威を振るい、後半29分には宮坂がゴール前に入れたスローインからDF関川郁万に豪快なヘディング弾を打たれてしまう。この一撃は枠を捕えることなく、一命をとりとめたが、35+6分にはPA左手前でFKを献上。「色んなことがプレイバックしてしまった。『あれ見たことある状況だな。このFK入るのかな』って」(朝岡監督)。

指揮官が思い浮かべた一つは、決勝で東福岡を1点差で追い掛けた昨夏の光景。立場は逆だったこの時は市立船橋が後半のアディショナルタイムにFKを決めて、延長戦に持ち込んだ。不安は的中し、MF菊地泰智が左足でゴール前に入れたボールはDF松浦駿平がGK井岡海都の上を超すヘディングを披露。こぼれ球をダイレクトで狙ったMF宮坂昴輝のボレーシュートはFW河西守生に当たりながらも、守護神不在となったゴールマウスに向かった。だが、ボールの行く先に待ち構えたのはDF原輝綺。「この6試合で、何回かああいう場面があったので、自分的には来るつもりで準備していた」と胸で防ぎ、かろうじてクリア。「最後で(ボールを)かき出したり、身体を投げ出すのは当たり前のエリア。彼がやるべきことをやっただけ」(朝岡監督)というプレーで、リードを守った。直後にもPA手前でFKを与えてしまったが、MF宮本優太のキックを井岡が防ぐと同時に優勝を告げるホイッスルが鳴り響き、9度目の夏の王者に輝いた。

私撰MOMFW 村上 弘有(市立船橋/3年)

3回戦の鹿児島城西戦で右足首を負傷。2日間の休養を挟んで挑んだ準決勝の出場は後半のみだったが、「対流経を考えるとサイズ感は大事」(朝岡監督)とスタメンに再抜擢。186cmの恵まれた体躯を活かし、競り合いで強さを見せつつ、決勝点をマークした。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る