NEWS その他

「NIKE MOST WANTED」日本代表が最終調整 本番に向け最後の意気込み

無断転載禁止 「NIKE MOST WANTED」日本代表が最終調整 本番に向け最後の意気込み
写真提供:NIKE

 若きフットボーラーを発掘する世界規模のスカウトプロジェクト「NIKE MOST WANTED」の日本代表2人が19日、本番に向け最終調整を行った。

 先月の日本最終選考を経て代表に選出されたMF白川恵士朗(無所属)とMF西尾翼(東海大学)は、世界で戦える身体を創り上げるべく、およそ一カ月間の特別トレーニングを敢行してきた。世界の精鋭のみが参加できる最終セレクション「グローバルファイナル(今月25日・英国ロンドン)」を目前に控え、この日は「NIKE ACADEMY TOKYO」のトレーニングセッションに参加した。

 初めて顔を合わせた参加者とのゲーム形式のトレーニングは、本番に向け良い刺激となった様子。グローバルファイナルでは、言語環境が異なるプレーヤーと鎬を削ることになり、その中でいかに自分をアピールできるかが大きなカギとなる。

NIKE MOST WANTED
写真提供:NIKE

「今日は初めてプレーする人たちとのコミュニケーションを意識していました。海外ではここに言葉の壁が加わるので、本番でどう考えてプレーするかを想定していた」(西尾)

「知らない人といきなりサッカーをやるのは難しい。向こうでも同じ環境だと思うので90分ずっとボールに関わり続けるつもりでやれたらと思います」(白川)

 そう語るように、2人はすでに頭の中で本番のイメージができているのだろう。この日、西尾は普段の前線のポジションから一歩下がって低い位置からボールを供給し、白川はワイドに開いて視野を広く保ってのプレーに徹していた。大儀見浩介氏によるメンタルトレーニング、鈴木友規アスレティックトレーナーによるフィジカルトレーニング、そして鹿島アントラーズでのトレーニング…。一カ月に及ぶ特別練習の成果は、あらゆる面での自信となってこの日のプレーに表れているようだった。

NIKE MOST WANTED
写真提供:NIKE

 25日に英国ロンドンのセント・ジョージズ・パークで行われる「グローバルファイナル」まで残りわずか。世界から選りすぐりの精鋭が集うこの難関を勝ち抜けば、エリートトレーニング機関「NIKE ACADEMY」への参加が認められ、世界への扉は一気に開かれる。つい1カ月前までは「プロ」が遠いところにあった2人が、夢を掴み取るべく世界を舞台としたセレクションに挑む。

“日本代表”として戦う2人の奮起に期待したい。

練習を終え、本番へ向けた最後の意気込みは以下の通り。

西尾 翼(東海大学)

「今日はグローバルチャレンジを想定してプレーできたかと思います。知っている人は(白川)恵士郎だけで、あとは初めてプレーする人ばかり。海外ではそこに言葉の壁もあるので、そこらへんをどう考えてプレーするかは意識していました。今日は前線の選手が多くて、そうなるとどうしても『前に前に』となってしまいます。自分も前線の選手ですが、そこはバランスを取って下がってプレーしました。後ろからだと色々と見えることもあるので。
 向こう(イギリス)では、日本人はガツガツいかない印象もあるだろうし、パスして任せっきりではダメだと思っています。今日はボールをはたいたら、そこで止まらずにワンツーをもらいにいくところまで意識して動いていました。『ボールをもっとオレに寄こせ』っていう貪欲な意識でやっていました。もともとはそういうプレースタイルではないのですが、あっちでは変わらないといけないと思っています。そういった部分もここ一カ月で意識を変えてきました。
 鈴木トレーナーの忠告で、やることは増えましたが、それをこなしていくと自然と身体のキレもよくなってきました。重心移動では骨盤に体重を乗せることを意識していて、自分より大きな選手との当たりでも負けないように心がけてきました。前はボールを取り切って終わっていただけど、いまは潰すこともできるようになっています。
 グローバルファイナルに向けて、体調はバッチリです。あとは風邪を引かないようにするだけ。アジアから出ること自体が初めてで、欧州がどんなどころかも分からないですが、防寒対策はしていこうと思っています。いまは緊張よりワクワクの方が大きいです。やれることはやったので、あっちでやるだけです!」

白川恵士朗(無所属)

「言葉の不安はあります。でも、どうせしゃべれないんだから、今から一週間英語の勉強をしてもしょうがない。そこは諦めて本番ではサッカーの良さを前面に出していきたいと思います。今日みたいな、知らない人といきなりサッカーをやるのは難しいと改めて感じました。だた、そこは向こうでもそこは同じ環境だと思うので積極的にやっていきたいです。
 身体は徐々に仕上がってきていると思います。(現在トレーニングしている)柏レイソルユースの永井(俊太)監督からは『ケガしないように頑張ってくれ』って言われています。レイソルの後輩たちも、みんな本当に上手いんで、勉強になっていますね。(本番ではボールが回ってこないケースも予想されるが?)自分から積極的にボールに寄って、ゲームに関わっていくことが重要だと思います。90分ずっとボールに関わり続けるつもりでやれたらと思っています。自分は試験とか大事な試合では、常に正しい判断をできると思っています。その点では力んだり無理なプレーはしない自信があります。グローバルファイナルでは、その時にどいういうプレーをしたらいいかを考えながら、臨めればと思っています」

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る