PICK UPピックアップ スペシャル

第94回 全国高校サッカー選手権大会
一年の集大成。頂点に立つのはどこか。

無断転載禁止 第94回 全国高校サッカー選手権大会<br>一年の集大成。頂点に立つのはどこか。
写真/足立雅史
例年以上に多くのプロ入り内定選手が顔をそろえ、1回戦から注目の対決も実現。
頂点を目指す高校生たちの熱き戦いから、今年も目が離せない。

大会2連覇を目指す星稜(石川)や、前回準優勝で雪辱を期す前橋育英(群馬)、夏の高校総体王者、東福岡(福岡)、Jリーグ内定者2人を擁する青森山田(青森)や市立船橋(千葉)、大津(熊本)など、多くの注目校が集結した今大会。実績十分の強豪校といえども簡単に勝ち上がれるわけではなく、例年同様、群雄割拠の様相を呈している。

初戦から注目対決実現
熱き戦いに期待

初戦からいくつもの注目カードが実現した。1回戦では、ともに個人技を全面に押し出したスタイルで戦う野洲(滋賀)と聖和学園(宮城)が激突。“セクシー対決”として早くも注目を集めており、ピッチ全域で繰り広げられるであろうテクニックの応酬は見る者を引きつけるはずだ。2回戦からは星稜や市立船橋、桐光学園(神奈川)といった優勝候補が登場するが、その中で最大の注目カードは大津と前橋育英の対戦だろう。ともにJ1ガンバ大阪への加入が内定しているDF野田裕喜、FW一美和成を擁する大津は圧倒的な攻撃力が自慢のチームで、優勝候補筆頭との呼び声も高い。一方の前橋育英はインターハイ出場を逃すなど苦しい1年を過ごしたが、集大成とも言える選手権に向けてチーム力を高め、全国行きの切符をつかんだ。前回大会で果たせなかった全国制覇という悲願達成に向け、モチベーションは高まっている。激戦は必至だが、ライバルを下し、以降の戦いに弾みをつけたいところだ。

昨年度の大会では得点ランキングトップに7人が3ゴールで並ぶという異例の事態となったが、今大会には上述した一美の他、小川航基(桐光学園)、永藤歩(市立船橋)と年代別代表に名を連ねるアタッカーが顔をそろえており、ハイレベルな得点王争いが期待できる。また、京都橘のエースストライカー岩崎悠人、東福岡のMF藤川虎太朗など、下級生にもプロ注目の選手がいる。この大会で活躍することによって自信をつけ、急成長を遂げる選手が現れる可能性もある。大会のキャッチコピーにあるとおり、まさに「日本の未来はここにある」状況だ。2016年1月11日、埼玉スタジアムでの決勝で試合終了のホイッスルが吹かれるその瞬間まで、選手たちの熱く、溌剌としたプレーから目を離すことはできない。

第94回全国高等学校サッカー選手権大会トーナメント表

第94回全国高等学校サッカー選手権大会トーナメント表 クリックすると画像が表示されます。
第94回全国高等学校サッカー選手権大会トーナメント表 クリックすると画像が表示されます。
第94回全国高等学校サッカー選手権大会トーナメント表
第94回全国高等学校サッカー選手権大会トーナメント表

歴代優勝校(首都圏移転以降)

  • 第55回 浦和南(埼玉)
  • 第56回 帝京(東京)
  • 第57回 古河第一(茨城)
  • 第58回 帝京(東京)
  • 第59回 古河第一(茨城)
  • 第60回 武南(埼玉)
  • 第61回 清水東(静岡)
  • 第62回 帝京(東京)
  • 第63回 帝京(東京)、島原商(長崎)※両校優勝
  • 第64回 清水市商(静岡)
  • 第65回 東海大一(静岡)
  • 第66回 国見(長崎)
  • 第67回 清水市商(静岡)
  • 第68回 南宇和(愛媛)
  • 第69回 国見(長崎)
  • 第70回 四日市中央工(三重)、帝京(東京)※両校優勝
  • 第71回 国見(長崎)
  • 第72回 清水市商(静岡)
  • 第73回 市立船橋(千葉)
  • 第74回 静岡学園(静岡)、鹿児島実(鹿児島)※両校優勝
  • 第75回 市立船橋(千葉)
  • 第76回 東福岡(福岡)
  • 第77回 東福岡(福岡)
  • 第78回 市立船橋(千葉)
  • 第79回 国見(長崎)
  • 第80回 国見(長崎)
  • 第81回 市立船橋(千葉)
  • 第82回 国見(長崎)
  • 第83回 鹿児島実(鹿児島)
  • 第84回 野洲(滋賀)
  • 第85回 盛岡商(岩手)
  • 第86回 流通経済大柏(千葉)
  • 第87回 広島皆実(広島)
  • 第88回 山梨学院大付(山梨)
  • 第89回 滝川第二(兵庫)
  • 第90回 市立船橋(千葉)
  • 第91回 鵬翔(宮崎)
  • 第92回 富山第一(富山)
  • 第93回 星稜(石川)

以前は関西地方で開催されていたが、1976年度の第55回大会から首都圏に移行。決勝戦が開催されていた国立競技場は高校生プレーヤーにとって“聖地”となり、国立を目指すことが彼らにとっての大きな目標となっていたが、第 93 回大会からは同競技場が建て替え工事に入ったため、埼玉スタジアムが新たな決勝の舞台となった。 1990年代から2000年代前半の第70回から第83回にかけては、市立船橋(千葉)や国見(長崎)のように「走って勝つ」チームが隆盛を極めたが、これに楔を打ち込んだのが第84回大会の野洲(滋賀)。テクニ ックを前面に押し出した“セクシー・フットボール”で大会を制し、以降、選手権にも攻撃サッカーの時代が到来した。

個人通算得点記録

  • 1位 17得点 平山相太(国見/長崎、第80回、81回、82回)
  • 2位 16得点 北嶋秀朗(市立船橋/千葉、第73回、74回、75回)
  • 3位 10得点 大迫勇也(鹿児島城西/鹿児島、第87回)
  • 3位 10得点 江原淳史(武南/埼玉、第69回、70回、71回)
  • 3位 10得点 平沢政輝(東海大一/静岡、第64回、65回、66回)

個人の通算得点でトップに立つのは“怪物”平山。第81回は7ゴール、第82回は9ゴールで得点王に輝いており、2度の得点王を獲得したのは後にも先にも平山ただ一人だ。2位の北嶋は1年次と3年次に優勝を経験している。3位タイには3人がつけているが、大迫は第87回大会のみで10ゴ ールを荒稼ぎした。

個人一大会得点記録

  • 1位 10得点 大迫勇也(鹿児島城西/鹿児島、第87回)
  • 2位 9得点 平山相太(国見/長崎、第82回)
  • 2位 9得点 石黒智久(富山第一/富山、第78回)
  • 4位 8得点 大久保嘉人(国見/長崎、第79回)
  • 4位 8得点 林 丈統(滝川第二/兵庫、第77回)
  • 4位 8得点 森崎嘉之(市立船橋/千葉、第73回)
  • 4位 8得点 江原淳史(武南/埼玉、第71回)
  • 4位 8得点 青島秀幸(清水東/静岡、第61回)
  • 4位 8得点 有ケ谷二郎(静岡学園/静岡、第55回)

上位には後にJリーグ入りした選手がズラリと並んでいる。大迫は第75回大会の北嶋以来となる初戦から決勝までの全試合で得点という記録を打ち立て、平山が持っていた一大会最多得点記録を塗り替えた。なお、同大会での鹿児島城西はチーム全体でも29ゴールを挙げ、第60回大会で帝京が記録した24ゴールというチーム最多得点記録を大幅に更新している。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る