PICK UPピックアップ スペシャル

[第94回全国高校サッカー選手権大会]
1回戦 藤枝東高vs香芝高 MATCH REPORT

無断転載禁止 [第94回全国高校サッカー選手権大会]<br>1回戦 藤枝東高vs香芝高 MATCH REPORT
文・写真/池田敏明

2015年12月31日 浦和駒場スタジアム

香芝
0-0
(4-3)
藤枝東

浦和駒場競技場での1回戦第2試合は、藤枝東(静岡)と香芝(奈良)が激突した。奈良県予選を圧倒的な攻撃力で勝ち抜いた香芝だったが、「そのままでは全国の舞台では太刀打ちできない。戦い方をガラリと変えました。」という米原勝監督の言葉どおり、大会直前に野洲(滋賀)や神戸弘陵(兵庫)、星稜(石川)といった選手権出場校と練習試合をこなしながら、守備的な戦術へとシフトチェンジ。フォーメーションの並びは4ー3ー3だが、守備時には両ウイングバックが最終ラインに入って5バックになる布陣でこの一戦に挑んだ。

一方の藤枝東は、個々の能力では相手を上回っていた。名門の10番を背負い、長短のパスを操るMF栗原健、直線的なドリブルで相手守備陣を脅かしたMF神谷太智、パワフルなプレーでゴールに迫るFW山田盛夫など、前線のタレントが多彩な攻撃を仕掛ける。19分にはDF久松真之がセットプレー時の接触プレーで負傷し、交代するアクシデントがあったものの、藤枝東のペースは変わらない。

後半に入り、48分には山田がヘディングシュート、反転からのシュートと立て続けに香芝ゴールに迫ったが、いずれもGK藤井佑輝也のファインセーブに遭い、得点を奪うことができない。防戦一方だった香芝も74分、一瞬の隙を突いてFW竹末蒼大がトリッキーなドリブルを仕掛け、会場を沸かせたが、静岡県予選を無失点で勝ち上がった藤枝東の守備は堅く、シュートに繋げることができない。

結局、80分間で決着はつかず、勝敗の行方はPK戦に委ねられることとなった。1人目は両チームともに成功させ、迎えた2人目。藤枝東のキャプテン、MF渡邉航平がゴールネットを揺らしたのに対し、香芝はDF江藤真之介のキックが相手GK細川脩造に読まれてブロックされ、窮地に追い込まれる。しかし「味方が止められてしまったので、絶対にブロックしてやろうと思っていました」という藤井がここから主役に躍り出る。3人目のDF村松正規、4人目のFW岩田寛生のキックを連続セーブしてPKのスコアを逆転させる。

「直前に3日間の合宿をしたのですが、そのうちの1日をPK練習に充てました。練習試合でもPK戦では負けなかった。だからPKになれば100パーセント勝てると思っていました」(米原監督)という努力が実を結び、最後は5人目のDF池田敬志が冷静にキックを沈める。自分たちのスタイルを捨て、「全国仕様」へと進化を遂げた香芝が、3度目の選手権挑戦にして初の初戦突破を果たした。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る